• 『映画 ギヴン』2020年8月22日に公開決定! キヅナツキのコメントも
  • 『映画 ギヴン』2020年8月22日に公開決定! キヅナツキのコメントも
2020.07.03

『映画 ギヴン』2020年8月22日に公開決定! キヅナツキのコメントも

(C)キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

公開延期となっていた『映画 ギヴン』の新たな公開日が2020年8月22日に決まった。
公開決定に際して、原作者キヅナツキなどがコメントを寄せている。

アニメ『ギヴン』(新書館「シェリプラス」にて連載中/キヅナツキ原作)は、2019年7月より放送が開始となり、SNSを中心に「青春×バンド×BLの組み合わせが最高!」「音楽と映像がエモすぎる!」「登場人物たちの日常にキュンキュンする!」と女性層をメインに瞬く間に口コミが広がり、各話放送後にTwitterトレンドワード入りを何度も果たすなど話題となった。

その最終話放送終了後には、『映画 ギヴン』をBLアニメレーベル「BLUE LYNX」にて公開することが発表された。TVシリーズでは、高校生の真冬と立夏、2人の切なくて淡い恋がメインだったが、映画では、大人メンバーである春樹、秋彦、雨月の苦くて熱い恋をメインに描くことが決定している。主題歌は、TVシリーズでも主題歌を担当したセンチミリメンタルが続投することも発表された。

公開日決定に際し、原作を手掛けるキヅナツキのほか、山口ひかる監督、脚本の綾奈ゆにこ、音楽を手掛ける未知瑠、主題歌を担当するセンチミリメンタルからコメントが到着した。

キヅナツキ(原作者)】
──映画化が決定した際の印象や感想を教えていただけますでしょうか。

キヅナツキ びっくりしました。学生の頃映画を専攻していたのもあって、自分の作品が映画になるというのは特別感慨深いものがあって、とにかくすごく光栄だな、と。

──ご覧になるファンの皆さまへメッセージをお願いいたします。

キヅナツキ 今、こうした状況の中で『映画 ギヴン』を公開できること、観たい!と思って劇場に足を運んでくださる方がいることを、とてもありがたく感じています。とてつもない僥倖です、嬉しい、ありがとうございます。

(C)キヅナツキ・新書館/ギヴン製作委員会

アニメージュプラス編集部