• 【第2話ネタバレあり】『デカダンス』衝撃的世界観の秘密を立川譲監督が語る!
  • 【第2話ネタバレあり】『デカダンス』衝撃的世界観の秘密を立川譲監督が語る!
2020.07.16

【第2話ネタバレあり】『デカダンス』衝撃的世界観の秘密を立川譲監督が語る!

▲左は第1弾キービジュアル、右は第2弾キービジュアル (C)DECA-DENCE PROJECT

今夏スタートしたオリジナルアニメ『デカダンス』。
その第2話で、衝撃の世界観が明らかになった。

遙かな未来、人類が未知の生命体〈ガドル〉によって滅亡の危機に陥ってから長い年月が過ぎ、わずかに生き残った人々は移動要塞〈デカダンス〉の中で、ガドルの脅威と戦いながら生きていた。
そんなハードな世界で、ガドルと戦う戦士になることを願うも叶わず、デカダンスの装甲修理人として働くことになった少女・ナツメの奮闘。そして、かつては凄腕の戦士だった装甲修理人の上司・カブラギと、ナツメが繰り広げるドラマ。
第1話はそんな物語としてスタートした。
活き活きとしたナツメの姿や、スピード感溢れる戦闘描写などが早くも注目の的となったが……その奥にはさらなる秘密が隠されていたのだ。


▲ナツメ(左)とカブラギ(右)の出会いから物語はスタートした


▲空間を立体的に動きまくる、スピーディーな戦闘アクション

▲巨大な移動要塞・デカダンスが “拳” に変型し、異形の怪物・ガドルに一撃!

▲第1話エンディングに映し出された世界観の異なる風景、その意味が第2話で明らかに

第2話で描かれた事実。
それは、上記のようなナツメたちが生きる世界は、実はすべてゲームフィールドの中での出来事だということ。そして、そのゲームをプレイしているのは、現在の世界の “真の主人公” であるサイボーグたちだということ。ナツメが目にしているカブラギは、サイボーグである彼がログインしている〈素体〉の姿だったのだ。だがナツメをはじめとした人間たちは、そんな真実を知らぬままに生きている……。

▲ポップなデザインのサイボーグたち。彼らこそが実はこの世界の “主役” ?


▲左がカブラギ。こちらが本来の姿で、人間体はゲーム内でログインしている〈素体〉

はたしてこの世界観は、どのような意図で作り上げられたのか?
立川譲監督のインタビューをお届けしよう。

>>>サイボーグたちの設定画はこちらの記事で紹介!

(C)DECA-DENCE PROJECT

アニメージュプラス編集部