• 「太れない!」その理由は? 山下七海が語る写真集への想い(前編)
  • 「太れない!」その理由は? 山下七海が語る写真集への想い(前編)
2020.07.17

「太れない!」その理由は? 山下七海が語る写真集への想い(前編)

▲山下七海1stデジタルフォトブック『GLITTER』独占先行カット


――我慢を重ねて撮影された今回のフォトブックですが、制作はどのように決まったのでしょうか?

山下 マネージャーさんから、フォトブックの話が届いていますと連絡をいただいて、「是非!」とお返事させていただきました。20歳の時に、デジタルフォトブックではない写真集を一度出していまして、それからもう5年程経っているんです。その5年の間にファンになってくださった方もいらっしゃって、そういう方々は私の20歳の時の写真集を買ってくださるんですよ。でも、女の子は20歳から顔もすごく変わるし! と思っていて……。女心としては、今の私を見てほしいなって想いがあったので、今回、本当にタイミング良く素敵なお話をいただきました。

――今回、横浜の元町公園周辺や横浜中華街で撮影されていますが、撮影はいかがでしたか?

山下 今回、3パターンの衣装で色々なシチュエーションで撮影をしたのですが、普段作品のイメージに合わせて撮っている写真よりも、ポーズなど含めて、攻めた感じで撮影することが出来てすごく楽しかったです! 自粛期間明けの撮影で、外の空気をあんなに吸うのが本当に久しぶりだったので、そのこともとても嬉しくって。特に、元町公園での撮影は写真の仕上がりを見ても、あの緑いっぱいの公園で撮ってよかったと思える、本当にナチュラルな私を見せることが出来たと思います。
▲フォトブック未公開カット

――元町公園での撮影はナチュラルな雰囲気とのことですが、お洋服もそんな感じのものですか?

山下 真っ白なワンピースです!

――絶対に似合いますね! ナチュラルな雰囲気のコンセプトは山下さんからご提案されたのですか?

山下 やっぱり、今までとは違う私を出したいというのが大前提にあったので、白ワンピの撮影では、「生まれたて!」みたいな雰囲気の透明感を大事に撮っていこうと、みんなで相談しながら進めていきました。

――生まれたてということは、素の山下さんが見られる?

山下 そうですね。きっとそうだと思います!

――今回は衣装やメイクにもかなり力を入れたと伺っていますが、お気に入りの衣装やメイクはありましたか?

山下 今回は、今まで撮影してきた七海より、ちょっと攻めた七海を見せたいなと思って、結構メイクは遊んでみました。デビュー初期からずっとお世話になっているヘアメイクさんに担当していただいたので、意思疎通もすごくスムーズにいったんです。今回タイトルにもしたグリッター(アイシャドウの一種)をまぶただけでなく、鼻にものせてみたり(笑)と、自分じゃ絶対に思いつかないなというメイクもしていただきました。ナチュラルな白ワンピースの時も、アイシャドウの色は控えめにしつつも、白のアイライナーを目尻に入れたりして、ナチュラルな中にも何か攻めてるというのを忘れないように作りました。

――細部までこだわっているのですね。お洋服はいかがでしたか?

山下 お洋服は3パターンですが、上着の脱ぎ着もあるので、バリエーションとしてはもっとたくさんある感じになっています。撮影した横浜中華街の雰囲気にぴったりな黒いパンダのワンピースがあるのですが、これは、『邪神ちゃんドロップキック´』という作品に、私がパンダを胸元につけたキャラクターのキョンキョン役として出演していることから、スタイリストさんが準備してくださったんです! 私がゲーム番組に出ているのもあって、ゲーム機のイラストが入ったお洋服も準備してくださったりして……。このフォトブックをみんなで盛り上げようという雰囲気が伝わってきて、とっても嬉しかったです。
▲フォトブック未公開カット

――やはり衣装やメイクが変わると表現も変わってきますか?

山下 そうですね。白ワンピの撮影は、素の私というかアンニュイな感じで撮ろうと最初から決めていましたが、他の2着はヘアメイクを見てから、撮る場所に合わせてインスピレーションで表現していきました。私自身、前々から詰めて考えられるタイプじゃなくって。あんまり計画的じゃないんですよね(笑)。だから今回もその場でピンときたものでとりあえずやってみようと思って、直感でやりました!

<インタビューの続きは7月18日(土)12時10分頃配信予定の後編をご覧ください>

【プロフィール】
山下七海:7月19日生まれ。徳島県出身。81プロデュース所属。主な出演作品はアニメ『八月のシンデレラナイン』(岩城良美)、『鬼滅の刃』(寺内きよ)、『邪神ちゃんドロップキック´』(キョンキョン)、『アイドルマスター シンデレラガールズ』(大槻唯)ほか。

【デジタルフォトブック概要】
◆山下七海1stデジタルフォトブック『GLITTER』
<作品形態・価格>
●通常版(フォトブックのみ)…2000円(税別) 
●メイキング映像付き(フォトブック+映像約30分【ナレーター:田中美海】)…3000円(税別)
※BookLive! のデジタル特典機能を利用し、ストリーミングで限定映像を公開
<出版社>NINO ※BookLive! オリジナルブランド
<配信ストア>BookLive! 独占配信
<発売日>7月17日(金)発売 
<予約可能な商品詳細ページ>
●通常版:https://booklive.jp/product/index/title_id/10002923/vol_no/001
●メイキング映像付き特装版: https://booklive.jp/product/index/title_id/10002924/vol_no/001
<特装版付属メイキング映像ダイジェスト>BookLive! 公式YouTubeチャンネル(https://youtu.be/Z51rQpitfhI)にて公開中


【総合電子書籍ストア「BookLive!」概要】
「BookLive!」は、凸版印刷グループの総合電子書籍ストアです。2011年よりサービスを開始し、マンガ、書籍、ラノベ、雑誌など、国内最大級の品揃えを誇ります。読者の利便性を最優先に、いつでもどこでも、自分の好きに浸れる新しい作品との出会いにより、人生を豊かなものに変えるサービスを提供しています。
●総合電子書籍ストア「BookLive!」 https://booklive.jp/
●公式Twitter https://twitter.com/BookLive_PR

アニメージュプラス編集部