• 小野賢章、花譜らも参加! 『日本沈没2020』スピンオフ企画”シズマヌキボウ”始動!
  • 小野賢章、花譜らも参加! 『日本沈没2020』スピンオフ企画”シズマヌキボウ”始動!
2020.07.10

小野賢章、花譜らも参加! 『日本沈没2020』スピンオフ企画”シズマヌキボウ”始動!

(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

7月9日(木)より全世界独占配信が開始となったNetflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』のスピンオフプロジェクト “シズマヌキボウ” が7月10日(金)よりスタートする。

『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』などで世界的な評価を受ける湯浅政明監督が、『DEVILMAN crybaby』以来二度目となるNetflixオリジナルアニメシリーズとして小松左京の傑作SF小説をアニメ化した『日本沈没2020』。

本プロジェクトは、アニメの全世界独占配信に合わせ、湯浅監督曰く「失って初めてわかる、日々享受されているものの尊さ」という今作のテーマに迫るもの。どんな過酷な状況においても前を向くことを忘れない『日本沈没2020』の登場人物たちにインスピレーションを受け、さまざまな未来への希望を「音楽」や「言葉」や「画像」 でアーカイブしていくプロジェクトとなっている。

これまでの湯浅監督作品において重要なパートを担ってきた、劇中に差し込まれるラップの掛け合い。『日本沈没2020』においても、YouTuberのカイトをきっかけとして登場人物たちがマイクリレーで感情を爆発させるエピソードがあるが、このシーンを出発点として “シズマヌキボウ”​​ プロジェクトは生まれた。

登場人物たちがそれぞれの思いを吐き出すようにラップして、未来のために前を向く印象的な場面。そこに差す一筋の希望の光、新しい価値観の息吹が​ “シズマヌキボウ”​ の核となっている。
本プロジェクトでは、『日本沈没2020』で描かれる “希望と再生の物語” にインスピレーションを受けた3つのコンテンツをお届けする。

​<湯浅政明監督より "シズマヌキボウ" についてメッセージ>
『日本沈没2020』には「失って初めてわかる、日々享受されているものの尊さ」というテーマが込められている。それは、(コロナ禍にある)現代社会のひとりひとりの胸の中にあり、誰もがこの作品の主人公になり得る。この「シズマヌキボウ」を通じて、今を生きる人々の悩みや葛藤、そして何より希望への歩みの力強さを感じてもらえれば嬉しい。

突然日常を奪われ過酷な現実を突き付けられながらも、前へ前へと立ち向かっていく、主人公・歩たちの希望と再生を描くアニメ『日本沈没2020』。
本プロジェクトを通して​「今を生きる人々の悩みや葛藤、そして何より希望への歩みの力強さを感じてもらえれば嬉しい」​と湯浅監督のコメントにもあるように、これら3つのコンテンツを体験することで『日本沈没2020』の世界観をより深く、より多彩に味わうことができるだろう。

(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

アニメージュプラス編集部