• 永瀬廉が〝限界の先〟を見た!映画『弱虫ペダル』の過酷現場
  • 永瀬廉が〝限界の先〟を見た!映画『弱虫ペダル』の過酷現場
2020.07.15

永瀬廉が〝限界の先〟を見た!映画『弱虫ペダル』の過酷現場

本気のロードレース撮影に体当たりで挑んだ永瀬さん

7月14日、全国公開を1カ月後に控えた映画『弱虫ペダル』のメインキャストが集合した〝キックオフイベント〟が、秋葉原UDX2階「アキバ・スクエア」にて開催。思わぬことから自転車競技部に入部することになったアニメ好きの高校生・小野田坂道が、仲間と共に過酷なロードレースに挑んでいく渡辺航原作の人気コミックが、舞台、アニメ、ドラマに続いて実写映画化。新たな「弱ペダ」ワールドの開幕に、熱い注目が集まった。

 まずは伊藤健太郎(今泉俊輔役)、橋本環奈(寒咲幹役)、坂東龍汰(鳴子章吉役)、栁俊太郎(巻島裕介役)、竜星涼(金城真護役)、菅原健(田所迅役)、三木康一郎監督が登壇。続いて、小野田坂道役を演じた永瀬廉さん(King&Prince)が映画の主題歌「Key of Heart」が流れる中、何とママチャリに乗って登場。千葉から秋葉原まで自転車で通っていた坂道が、実写映画になって久々の凱旋、という粋な演出だ。ちなみに乗ってきたママチャリも、本編に登場する〝出演車〟なのだ。

 永瀬さんほか登壇者たちは、コロナ禍の中、無事に公開の日を迎えられる喜びを隠せない様子。さらに、秋葉原での映画イベント開催が珍しいということもあるのか、挨拶でも「ガチャガチャをやってから(イベント会場に)来ました」(坂東さん)、「メイド喫茶の女の子に声をかけられました」(竜星さん)と、独特のアキバムードを楽しんでいる様子がうかがえた。

 永瀬さんたち男性陣は初めてのロードレース体験、しかもプロの選手でもキツく感じるコースに挑戦したのだという。「もうやるしかないっていう気持ちで。暑かったり寒かったり、いろいろな状況があいまったような中で撮影していたので、限界のその先を行ったことが何度もありました。作品が完成したのが不思議ですよね」(永瀬さん)、「基本的には体力がどうこうじゃなくて、気持ちでどこまで行けるか、という状況でした。その苦しいパワーがお芝居を超えて、この作品の魅力になっているんじゃないか」(伊藤さん)と、撮影現場の過酷さを訴えた。
 1人自転車に乗ることのなかった橋本さんが「自転車競技はケガをするかもしれないので、みんな安全のためにすごく練習をして撮影に挑んでいました」とフォローすると、ここで三木監督が「(皆が苦しそうなのを)楽しんでたよね?」とツッコむ。「楽しんでたのは監督でしょう!」と永瀬さん・橋本さんが返すと、「自転車の撮影が大変そうだから、最初はCGで合成しようと考えながら脚本を書いていたんです。だけどあるタイミングで『これ、全部やらせた方が面白いな』と思って(笑)。狙いどおり、苦しい表情が撮れました!」と、三木監督はさらに悪魔のコメントを投下して、永瀬さんたちも思わず苦笑。


撮影現場での苦労を語る永瀬さん(中央)

(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C))渡辺航(秋田書店)2008

アニメージュプラス編集部