• 向井太一、花譜、Daichi Yamamoto、小野賢章のオリジナル楽曲、PVお披露目! 『日本沈没2020』スピンオフ企画
  • 向井太一、花譜、Daichi Yamamoto、小野賢章のオリジナル楽曲、PVお披露目! 『日本沈没2020』スピンオフ企画
2020.07.16

向井太一、花譜、Daichi Yamamoto、小野賢章のオリジナル楽曲、PVお披露目! 『日本沈没2020』スピンオフ企画

ついに動き出したプロジェクト楽曲「シズマヌキボウ」(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』などで世界的な評価を受ける湯浅政明監督によるNetflixオリジナルアニメシリーズ『日本沈没2020』 で描かれる “希望と再生の物語” からインスピレーションを受けたスピンオフプロジェクト “シズマヌキボウ” より、同名のスペシャル楽曲PVをNetflix Japanの公式YouTubeチャンネルにて公開することが発表された。

新鋭アーティスト、バーチャルシンガー、人気声優など豪華メンバーが
共演!
オリジナル楽曲「シズマヌキボウ」の参加アーティストには、日本ヒップホップ界ブライテストホープとして国内外より注目を集める京都生まれの Daichi Yamamoto。
ルーツであるブラックミュージックをベースに様々なジャンルを超えた楽曲を発信し続けるシンガーソングライター 向井太一。
『日本沈没2020』のグランドエンディングテーマとして新曲「景色」を歌う次世代型バーチャルシンガーの花譜。
そしてカイト役の声優としても今作に出演する国民的声優・小野賢章はラップ初挑戦。
また、本作と同じくKEN THE 390が、ここでもラップ監修で参加している。

【「シズマヌキボウ」PV】



『日本沈没2020』は過酷な現実でも、そこから目を逸らさずポジティブに未来を見つめ、希望の思いをつなぎ、前を向いて生きていくことを選択する希望と再生の物語。
また同作は人種、国籍、世代、政治、宗教、LGBTQといった現代の社会的なトピックスに切り込む作品であり、それこそが "シズマヌキボウ" プロジェクトにも通底するメッセージとなっている。

また、希望の言葉を紡ぐ「#キボウのマイクリレー」スタート!
ソーシャル企画「#キボウのマイクリレー」もPV公開と合わせてスタートする。『日本沈没2020』のラップ監修を担当する KEN THE 390 を起点として、SNS上でアニメの世界観さながらフリースタイルのラップリレーが展開する。

すでに音楽界の注目アーティストも参加表明。誰が登場するのか?
一般参加も募集中なので興味のある方はチェックしてみてはどうだろう。
劇中においてもカイトの呼びかけによってマイクリレーがはじまる流れとなっていますが、現実世界ではどんな 希望の言葉が紡がれていくのか。
詳しくはNetflix Japanのアニメ作品専用公式ツイッターアカウント(@NetflixJP_Anime)で確認しよう。

(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

アニメージュプラス編集部