• 『泣き猫』を大スクリーンで! 聖地・愛知県常滑市での特別上映会が決定
  • 『泣き猫』を大スクリーンで! 聖地・愛知県常滑市での特別上映会が決定
2020.07.20

『泣き猫』を大スクリーンで! 聖地・愛知県常滑市での特別上映会が決定

(C) 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

Netflixにて2020年6月18日(木)より全世界独占配信中のアニメーション映画『泣きたい私は猫をかぶる』の特別上映会が、聖地・愛知県常滑市で開催されることが決定した。

本作は、『ペンギン・ハイウェイ』(2018)で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞した新進気鋭のアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」が贈る長編アニメーション映画第2弾。
いつも明るく陽気で、空気を読まない言動で周囲を驚かせ、クラスメイトから「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれる女子中学生・笹木美代(ささき・みよ)の恋を描いた、オリジナル青春ファンタジーだ。

6月18日(木)にNetflixで配信開始後、毎日更新される日本国内の「今日の映画TOP10」で上位を1カ月にわたりキープし続け、反響を呼んでいる本作。SNSでも「地元が舞台で嬉しい」「常滑の風景を大きいスクリーンで見たかった!」といった声も上がる中、今回の特別上映会が決定した。

愛知県常滑市を舞台に展開する本作は劇場用映画として制作されていたこともあり、大きなスクリーンでは細部にわたり美しく描かれた常滑の風景がより一層堪能できる。

また、柴山智隆監督は幼少期を常滑市で過ごしており、「散歩道は坂道が多く、入り組んでいて、猫の世界につながっていくような不思議な街並み。映画製作を通して改めて常滑の良さに気付きました」と常滑への想いを語っている。

特別上映会は、各回先着500名限定で、8月8日(土)13:00〜、16:00、そして8月9日(日)13:00〜、16:00に開催。対象は常滑市在住の方、常滑市外在住の常滑高校の生徒となっている。地元の方は是非足を運んでみてはいかがだろうか。

(C) 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

アニメージュプラス編集部