• 『SHIROBAKO展』後期は劇場版を中心に展示! 缶バッジもプレゼント♪
  • 『SHIROBAKO展』後期は劇場版を中心に展示! 缶バッジもプレゼント♪
2020.07.29

『SHIROBAKO展』後期は劇場版を中心に展示! 缶バッジもプレゼント♪

(C)「SHIROBAKO」製作委員会 (C)2020 劇場版「SHIROBAKO」製作委員会

SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム(埼玉県川口市)で開催中の企画展「SHIROBAKO展~SHIROBAKOで学ぶアニメのつくり方~」にて、8月4日(火)より展示替えを行い、後期の展示は劇場版『SHIROBAKO』を中心に紹介する。(前期はテレビ版を中心に紹介)

『SHIROBAKO』はアニメの制作現場を舞台としたオリジナルアニメーション。高校のアニメーション同好会で、いつか共に商業アニメーションを作ろうと誓った5人の女の子を中心に、シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て、日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を映画いた群像劇作品だ。
監督は『ガールズ&パンツァー』などの水島努、制作はP.A.WORKS、原作は武蔵野アニメーション。タイトルは、ひとつの作品が完成した際、制作者が最初に手にする白い箱に入ったビデオテープ=通称 “シロバコ” から来ている。
2月29日には劇場版 『SHIROBAKO』が公開され、作品のファンを中心に話題を集めている。

会期後半の8月4日(火)から、劇場版を中心とした資料に入れ替え。本展は、劇場版『SHIROBAKO』公開後初の展覧会となるため、劇場版の資料は今回が初の展示公開となる。

また、宮森あおい役の声優・木村珠莉氏のインタビュー映像を7月18日(土)より追加で公開中。声優を志したきっかけや宮森役に決まった時の話、『SHIROBAKO』の魅力などについて語っている。
「声優になる」という夢を叶えた木村さんから、将来叶えたい夢がある方たちに向けたメッセージなども含まれた内容となっている。

さらに7月23日(木・祝)~8月30日(日)までの夏休み期間、映像ミュージアムで実施するスタンプラリーにて、スタンプを全部集めた方に『SHIROBAKO』の缶バッジをプレゼント!

後期の『SHIROBAKO展』も要チェックだ!

(C)「SHIROBAKO」製作委員会 (C)2020 劇場版「SHIROBAKO」製作委員会

アニメージュプラス編集部