• 【初お披露目】永瀬廉、アニソン大熱唱!! 映画『弱虫ペダル』OP公開
  • 【初お披露目】永瀬廉、アニソン大熱唱!! 映画『弱虫ペダル』OP公開
2020.08.14

【初お披露目】永瀬廉、アニソン大熱唱!! 映画『弱虫ペダル』OP公開

永瀬廉、自転車にまたがり熱唱!(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008

累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画『弱虫ペダル』が初の実写映画化が決定! 主演を務める永瀬廉が自転車を漕ぎながらアニソンを熱唱する姿が公開された。

大人気スポーツ青春物語が、ついに実写映画となって登場する。
本作は2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載開始され、連載は今年で12年を迎え、現在までで68巻が既刊されている大人気コミック。全国レベルの強豪校・総北高校自転車競技部を舞台に、高校生たちの熱い青春を描く物語だ。

アニメ、アニメ映画、舞台、小説、ドラマなど様々なコンテンツでメディアミックスされている『弱虫ペダル』が、ついに8月14日(金)より公開がスタートする。

そしてついに、主演の永瀬廉が登場する本編OPシーンが公開に!
今回公開となったのは、総北高校に入学した坂道が桜の咲く道を軽快に自転車で走っていくオープニングシーン。
アニメ好きの坂道は、お気に入りのアニメソングを聞きながら高校に初登校。春の陽気に誘われるかのように、サビ部分ではつい声に出して歌ってしまう。
しかし、笑顔の坂道が登っているのは、実は総北高校名物といわれる激坂の裏門坂!
普通は自転車では登れない坂を、坂道は気にせずに歌いながら登っていく。
まさに坂道と自転車競技の運命的な出会いを予感させるシーンとなっている。

坂道役を演じる永瀬も以前から楽しみにしていたこのシーンの撮影は当初4月に予定されていたが、緊急事態宣言のため延期。
ガイドラインを制定し、初夏の陽気の中で検温・マスク着用・消毒を徹底しての撮影再開となった。

今回自転車の走行シーンは一切CGなしで制作された本作は、もちろんこのシーンも永瀬自身が斜度20度の激坂を何度も自転車で登って撮影されている。
笑顔で歌いながら坂道を登るという前代未聞の過酷な撮影だが、それを感じさせない永瀬の演技力にも注目してほしい。

また、坂道が歌っている『弱虫ペダル』ファンにはおなじみのアニメソング「恋のヒメヒメぺったんこ」も、これまでアニメ版、舞台版と制作されてきたが、今回は新たに映画版バージョンが登場。
もちろん今回も坂道と一緒に歌いたくなるテンポのいい曲に仕上がっている。

自転車競技と出会い、かけがえのない仲間たちとともにどんな壁も乗り越えていこうとする坂道の姿は、先日のイベントで永瀬が語ったように、色々な壁にぶつかっている人たちの背中を押す映画になっている。
誰かの為に頑張ったり、頑張る誰かを応援したり、青春のその全てが詰まった映画『弱虫ペダル』。
こんな時代だからこそ観たい、この夏一番胸が熱くなる本作を是非劇場で体験してほしい。

(C)2020映画「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008

アニメージュプラス編集部