• 息子vs父! アニメ『バキ』大擂台賽編第11話のあらすじ&先行カット
  • 息子vs父! アニメ『バキ』大擂台賽編第11話のあらすじ&先行カット
2020.09.08

息子vs父! アニメ『バキ』大擂台賽編第11話のあらすじ&先行カット

(C)板垣恵介(秋田書店)/バキッッ製作委員会

2020年7月よりTOKYO MX1ほかにて地上波で放送開始となったアニメ『バキ』大擂台賽編第11話のあらすじと先行カットが到着! 

『バキ』は板垣恵介の同名漫画を原作としたアニメ。主人公・範馬刃牙が、「地上最強の生物」と呼ばれる父親・範馬勇次郎を倒すための強さを求め、戦い続ける物語だ。
原作は『グラップラー刃牙』に始まるシリーズで、『バキ』は第2部に当たる。現在『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)では第5部である最新作『バキ道』が連載中。

前作「最凶死刑囚編」終盤で瀕死の毒に侵された範馬刃牙が挑むのは、100年に一度開かれる究極の中国武術トーナメント「大擂台賽」。果たして刃牙は絶体絶命の状況から生還することができるのか──!?

『バキ』大擂台賽編はNetflixで2020年6月4日より全世界独占全話一挙配信中。
TV放送第11話はTOKYO MX1、サンテレビ、KBS京都、テレビ愛知、HTB北海道テレビ、TVQ九州放送にて、9月14日から開始される。

<第11話「覚醒」>
数々の怪物たちと闘い、痛手を負ってホテルに帰ってきたアライJr.を待ち構えていたのは、
なんと最強のボクサーとの誉れ高い父、マホメド・アライだった。
そして父は息子に対してファイトを申し込む。

>>>第11話先行カットをすべて見る

(C)板垣恵介(秋田書店)/バキッッ製作委員会

アニメージュプラス編集部