• クワガタとアルマジロトカゲが精密なカプセル玩具に!
  • クワガタとアルマジロトカゲが精密なカプセル玩具に!
2020.09.08

クワガタとアルマジロトカゲが精密なカプセル玩具に!

(C)BANDAI



『くわがた』は、「クワガタムシ」の体の仕組みを徹底的に研究し、全長約140mmの大きさでリアルに造形を再現。実際の「クワガタムシ」と同様に硬い鎧の役目も果たす前羽を開閉して、後ろ羽を広げた姿をディスプレイすることができるほか、5つに分かれた腹節を動かすことで実物のように腹部の柔らかい動きを表現することができる。また、前肢の可動域を広く設けることで、おおあごを高く持ち上げて相手を激しく威嚇する「クワガタムシ」特有のポーズをとることもできる。
その他にも実は左右で形状の異なるおおあごやL字に曲がった触覚、樹の幹で生活するのに欠かせない鋭いかぎ爪など細かな部分まで異なる素材を組み合わせることで忠実に再現している。


また、自販機より搬出された状態から「くわがた」の本体部分を取り出し、残りのカプセルパーツを組み替えることで完成する “カプセルディスプレイベース” により飛行状態でも飾ることも可能だ。


ラインナップは日本全国で生息しているノコギリクワガタ(黒)、ノコギリクワガタ(赤茶色)、
世界で最長のクワガタムシであるギラファノコギリクワガタ、背中の模様が美しいゼブラノコギリクワガタの全4種。



(C)BANDAI

文/アニメージュプラス編集部