• サンリオキャラの「KAWAII」×「歌舞伎」コラボミュージカルショーが上演再開!
  • サンリオキャラの「KAWAII」×「歌舞伎」コラボミュージカルショーが上演再開!
2020.09.11

サンリオキャラの「KAWAII」×「歌舞伎」コラボミュージカルショーが上演再開!

(C)2020 SANRIO CO., LTD.

サンリオエンターテイメントが運営するサンリオピューロランドは、新型コロナウイルスの影響で上演を中止していた “歌舞伎” を取り入れたミュージカル「KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座(いちざ)の桃太郎~」の上演を、一部内容を変更して9月11日(金)より再開することを決定した。

ピューロランド1Fメルヘンシアターで2018年3月10日(土)より上演していた本ショーは、ピューロランドで歌舞伎を取り入れた初めてのミュージカル。サンリオキャラクターたちの “KAWAII” と、歌舞伎という日本の伝統的な “和” の融合、さらにプロジェクションマッピングの演出による、スペクタクル・エンターテイメントショーを楽しむことができる。

監修は日本の演劇界をけん引する松竹が全面監修し、脚本・演出は「スーパー歌舞伎」を手掛けてきた横内謙介さんを起用。市川笑三郎さんの歌舞伎演技指導のもと、ハローキティたちが歌舞伎に挑戦。サンリオキャラクターが歌舞伎の新衣裳で登場し、見得や大立廻りなど歌舞伎の技法や演出を披露する姿に注目だ。
また声の出演として、中村獅童さん、映像出演として坂東巳之助さんが出演しており、中村獅童さんは物語の重要人物でもある “鬼” の声を担当。坂東巳之助さんは、シアター初登場の歌舞伎のPRキャラクター「かぶきにゃんたろう」と一緒に映像で登場し、ハローキティたちに立ちはだかる困難を救う。
物語は日本では誰しも馴染みがある昔話「桃太郎」を題材とし、歌舞伎を見たことがない方でもわかりやすいものに。ピューロランドファンも、歌舞伎ファンも満足できる作品となっている。

再開となる本ショーは、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、出演者のマウスシールドまたはフェイスシールド着用、掛け声禁止といった変更が加えられるなど、一部変更して上演される。
また、メルヘンシアターで実施していた「よみきかせショー キティとシナモンの『あおいとり』」 及び、1Fエンターテイメントホールで実施していた「Go for it!~笑顔あつめて~」も引き続き上演予定とのこと。上演スケジュールについてはピューロランド公式HPをチェックしてほしい。

(C)2020 SANRIO CO., LTD.

アニメージュプラス編集部