• 9/21食玩は装動セイバー! 鬼滅ほかジャンプ系カード・シールも
  • 9/21食玩は装動セイバー! 鬼滅ほかジャンプ系カード・シールも
2020.09.20

9/21食玩は装動セイバー! 鬼滅ほかジャンプ系カード・シールも

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)やなせたかし/ フレーベル館・TMS・NTV

食品玩具、いわゆる食玩。メーカーによっては玩具菓子=玩菓と呼ぶ事もあるジャンルの商品だ。
ここでは9月21日の月曜日に発売となる食玩から、注目アイテムをご紹介しよう。

まず最初は「鬼滅の刃 禰豆子のチョコバー」。アニメ『鬼滅の刃』に登場する、竈門禰豆子の口元の竹筒をモチーフとしたチョコバーだ。ミニステッカー1枚付属。

ミニステッカーは主人公・竈門炭治郎や鬼殺隊の「柱」が勢揃いした全13種。
各約8×約2.5センチ。

通常、この食玩コーナーではお菓子そのものは紹介しないが、このアイテムに関してはお菓子の写真もご覧に入れよう。トップが抹茶チョコでコーティングされた和風な味わいで、下層はパフ入りのザクザク食感が楽しめるミルクチョコ味だ。
(※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記)

続いては「ワンピースウエハース 激突する正義」。アニメ『ワンピース』のカード1枚入り。シリーズ第6弾となる。
カードにはワノ国はもちろんエニエスロビー、パンクハザードなどで活躍したキャラクターが多数収録されている。全種メタリック仕様。

ノーマル15種、レア(金色箔押し)6種、スーパーレア(ホロ箔押し)4種、シークレット(金色箔&ホロ箔押し)2種の全27種。
各縦約8.6×横約5.9センチ。

次は「ドラゴンボールポストアートウエハース UNLIMITED3」。ポストカードサイズの大型カード1枚入り。
素材はメタリックで、さらに表面にはマット加工を施した高級感のある仕様だ。

ゴッドレア2種、レア4種、ノーマル14種、アナザーレア4種の全24種。
各縦約15×横約10.5センチ。

仮面ライダーシリーズからはアクションフィギュア「装動」の最新弾「装動 仮面ライダーセイバー Book1 Feat.装動 仮面ライダーゼロワン」が登場。『仮面ライダーセイバー』のキャラクターに、『仮面ライダーゼロワン』のキャラクターを加えたラインナップだ。
『仮面ライダーセイバー』のアイテムは、肘・膝の関節の変更や手首のボールジョイント化など、従来の装動より進化した構造になっている。

セイバー ブレイブドラゴン Aセット、セイバー ブレイブドラゴン Bセット、ブレイズ ライオン戦記 Aセット、ブレイズ ライオン戦記 Bセット、ゼロワン ヘルライジングホッパー ボディ、ゼロワン ヘルライジングホッパー アーマー、エデン ボディ、エデン アーマー、ファイティングジャッカルレイダー ボディ、ファイティングジャッカルレイダー アーマーの全10種。
10種セットの「装動 仮面ライダーセイバー Book1 Feat.装動 仮面ライダーゼロワン コンプリートセット」も販路限定で同時発売。

AセットとBセット、あるいはボディとアーマーを組み合わせることで仮面ライダーセイバー ブレイブドラゴン、仮面ライダーブレイズ ライオン戦記、仮面ライダーゼロワン ヘルライジングホッパー、仮面ライダーエデン、ファイティングジャッカルレイダーが完成する。
各全高約11センチ。

なお、商品の発売を記念して仮面ライダーセイバー 神山飛羽真役・内藤秀一郎のサイン色紙と「装動 仮面ライダーセイバー Book2」全種セットを先行でゲットできるキャンペーンも開催中だ。
☆キャンペーンサイト>>>


最後は「アンパンマンワールドであそぼう!さわってあそぼう編」。アニメ『それいけ!アンパンマン』に登場する乗り物や建物を再現したアイテム。
クリアパーツで中身が見えるようになっており、「押す」「転がす」「回す」など、それぞれ面白い手遊びギミックを搭載している。

アンパンマンごう、もぐりん、バイキンじょう、パンこうじょうの全4種。
各全高約5センチ。

それぞれ全国のスーパーや量販店などのお菓子売り場にて発売される。

>>>9/21発売の食玩の画像を全部見る

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)2020 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
(C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
(C)やなせたかし/ フレーベル館・TMS・NTV

ライターぬのまる