• 『シリーズ怪獣区』が漫画で再始動! 東映特撮ファンクラブで配信開始!
  • 『シリーズ怪獣区』が漫画で再始動! 東映特撮ファンクラブで配信開始!
2020.09.18

『シリーズ怪獣区』が漫画で再始動! 東映特撮ファンクラブで配信開始!

(C)東映特撮ファンクラブ

“24時間×365日東映特撮が楽しめるアプリサービス” 東映特撮ファンクラブ(TTFC)にて、漫画『シリーズ怪獣区』が電子コミックとして、2020年9月19日(土)12:00(正午)より配信開始となる。

2019年、仮面ライダーやスーパー戦隊を作り上げてきた東映が製作し、特撮ファンの胸を熱くさせた実写版『シリーズ怪獣区 ギャラス』。
実写版『シリーズ怪獣区 ギャラス』は、東映特撮ファンクラブ(TTFC)で配信されている『山本康平の忍び道』にて、山本康平さんが模索してきたオリジナル特撮ドラマ制作の夢が結実したもの。山本康平さんがアソシエイトプロデューサーを務め、特撮研究所の小串遼太郎さんがメガホンを取った。
『仮面ライダーウィザード』でヒロインのコヨミを演じた奥仲麻琴さん、『宇宙戦隊キュウレンジャー』で鳳ツルギ(ホウオウソルジャー)を演じた南圭介さん、『忍風戦隊ハリケンジャー』で尾藤吼太(ハリケンイエロー)を演じた山本康平さん、同作で野乃七海(ハリケンブルー)を演じた長澤奈央さんなど、東映特撮出身者が出演して話題となった。本作は東映特撮ファンクラブにて独占配信中だ。

そして、2020年───。新たな『シリーズ怪獣区』が漫画の世界でスタート!!

漫画『シリーズ怪獣区』は全5話予定。それぞれ異なる漫画家で、様々なジャンルで描いていく。2020年9月19日(土)12:00(正午)の初回配信では、実写版をリメイクした「ギャラス」編と、新怪獣が登場する「ディスカルゴ」編の2話を一挙掲載。第3話以降も順次配信される。

「ギャラス」編の最後には、実写版「シリーズ怪獣区」にも出演した長澤奈央さん、山本康平さんのインタビュー記事が、「ディスカルゴ」編の最後には、日本特撮界を代表する坂本浩一監督のインタビュー記事が付いているので、こちらもお楽しみに!

(C)東映特撮ファンクラブ

アニメージュプラス編集部