• 「ホストクラブを開店したい!」保住有哉・住谷哲栄が語る『パラホス』~後編~
  • 「ホストクラブを開店したい!」保住有哉・住谷哲栄が語る『パラホス』~後編~
2020.10.11

「ホストクラブを開店したい!」保住有哉・住谷哲栄が語る『パラホス』~後編~

▲『パラホス』キービジュアル (C)PARAHOS

今年の七夕に爆誕した「パラパラ×ホスト」という何ともバブリーな響きのプロジェクト『パラホス』は、音楽・ダンス・ボイスドラマで楽しむ新たな音楽エンターテイメント。

「ホスピタリティ・アーティスト(通称ホスト)」によるバディ制のパラパラダンスバトルと接客を競う『パラホス』が競技として確立された世界で、頂点を目指そうと奮闘するホスト達が今作の主人公。煌びやかな世界を表現する、声優の保住有哉さん(輝夜彗役)と住谷哲栄さん(アキXT役)に、『パラホス』とは何かをプライベートも交えつつ、熱く語っていただいたインタビューの後編をどうぞ。

――今回、ホストの恰好で撮影もされていますが、いかがでしたか?

保住 いや、もう慣れたもんですよ。

住谷 僕が撮影現場に入った時に、保住さんが既に衣装を着ていたんですけど、何の違和感もなくって。私服かと思いましたもん(笑)。 ▲ホスト衣装に身を包んだ保住さん(左)と住谷さん

――今回は、メイクも強めですよね?

保住
 そうですね。俺は普段からメイクをがっつりしていますが、今回は色味を抑えて、より眼力を大事に、「目で殺す」というところを意識して、メイクしてもらいました。ホストさんがよくやっているんですが、黒目の下のラインもしっかり入れるようヘアメイクさんにお願いしています。

住谷 え⁉ すごい……。  

――そんな細かい所まで気を配っていたんですね。

保住 いや、ディテール大事なんでね。企画を聞いた時から思っていたのですが、『パラホス』は細部までかなりしっかり作り込んでいるんです。だから、俺もしっかりこの世界に入っていこうと思って、ディテールも大事にやらせてもらっています。

――ホストの恰好をすると結構気分は上がりますか?

保住 もうずっと上がっていますよ! アゲですよ。完全になりきってますね。

――住谷さんもアゲで?

住谷 隣にアゲアゲな人がいらっしゃるので、自然と引っ張られて上がっちゃいますね(笑)! 撮影の時も、カメラマンさんが光の当たり加減とか細かく調整してくださって、仕上がりが歌舞伎町のフリーペーパーみたいな感じになっています(笑)。  

――あの写真がそのまま歌舞伎町のパネルに貼ってあっても、何の違和感もないですもんね。

保住 本当に。何もないですよね。

――撮影の時も恥ずかしさみたいなのは一切無く?

住谷 このノリもあったので、割とスッと入れましたね。

保住 楽しくやれました。撮影もかっこいいねと言われながら、ノリノリでやってましたもん。

住谷 絶対にぶれるのに踊ってやってましたね。  

(C)PARAHOS

アニメージュプラス編集部