• 休養発表の鈴木このみ、ワンマンライブ開催!! 
  • 休養発表の鈴木このみ、ワンマンライブ開催!! 
2020.10.13

休養発表の鈴木このみ、ワンマンライブ開催!! 

シングル・コレクションを大熱唱!

アニソンなどで有名な歌手の鈴木このみが、2020年10月9日にワンマンライブを開催した。このライブ模様はBlu-rayとして発売されることも決定し、さらに療養のため、2020年12月より休養に入ることも発表された。

2019年12月31日以来となる観客を入れてのワンマンライブをLINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて開催した鈴木このみ。
2020年、新型コロナウィルスの影響 で 多くの公演が中止・延期になるだけでなく、世界中の人々の生活を一変させるほどの一大事となったが、そんな中にあって鈴木このみはオンラインでのライブを積極的に行ってきた。
6月には「OPENRECOPENREC」のプラットフォームを利用したスタジオライブ、7月にはフルバンドでの無観客ライブ配信を「ABEMAABEMA」にて配信したが、遂に観客を迎えてのステージが10月9日に日に実現。
7月の無観客ライブでは目の前に観客の居ない環境に最初はものすごく緊張したと語っていたていたが、今回は約1年ぶりとなるライブをファンと一緒に喜び合い、楽しんだ。

本公演は収容定員数を全席指定の50%以内とするなど、政府や各自治体によるガイドラインに従いながら、新型コロナウイルス感染予防対策を徹底し開催された「with コロナ仕様」。
そんな中でも会場にいるファンとdアニメストアにて配信をご覧の皆さんのパワー をもらい、気心のしれたバンドメンバーに支えられた鈴木のパフォーマンスは急上昇。
アンコールではしっとり歌う「夢の続き(オプハver)」で飛び抜けた歌唱力を披露 。
コーラスのトラックはOPENRECで配信中の番組「鈴木このみのOPEN HEART」で公開レコーディングした音声で、ライブでの歌声ともに、声帯結節の影響など微塵も感じさせぬものだった。

最後のMCでは12月より休養に入ることを報告した。
◆鈴木このみコメント
突然ではありますが、この度声帯結節の手術をすることにしました。
4年程前から患っていたのですが、どう声が変化するのか分からない怖さや、今頑張りたいのに休養しなくてはならない事から、この喉でも最大限歌えるようにとやってきました。
でも今年は事務所も変わり、目標への気持ちも大きくなり、もっとその先も歌っていきたいと思う気持ちが強くなり、 4年間悩み続けたことにようやく決心しました。
悔しかった日が沢山あったけど、それでも歌ってこれたのは応援してくれる皆んながいたからです。
沢山の愛情を、いつも本当にありがとう。今より最高の歌声で返していきたいと思っています。
2021年1月31日ANIMAX MUSIXにて、復帰出来るようリハビリを精一杯頑張りたいと思いますので、どうか待っていて下さい。

dアニメストアでの アーカイブ配信は 10 月 15 日まで視聴可能 。
来年の3月17日にはBlu-rayで自宅でのライブ体験 が出来るようになる。
そのBlu-rayでは配信では使用されなかったカメラ映像も含めて全編ノーカットで リリース される予定。
当日参加できなかった人もこの機会に是非、鈴木このみの歌声とパフォーマンスを体験して欲しい。

アニメージュプラス編集部