• 炭治郎、禰豆子、善逸の着物柄の手ぬぐいが登場!
  • 炭治郎、禰豆子、善逸の着物柄の手ぬぐいが登場!
2020.10.14

炭治郎、禰豆子、善逸の着物柄の手ぬぐいが登場!

炭治郎、禰豆子、善逸の着物柄の手ぬぐいが登場!

2020年10月16日(金)に公開される劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の上映に合わせて、大賀屋呉服店では鬼滅の刃で人気上昇中の市松、麻の葉、鱗の3タイプの手ぬぐいの販売をスタートした。

愛知県岡崎市の老舗呉服店大賀屋では、10月4日に初の講座「呉服屋が語る『鬼滅の刃』で知る日本の古典模様」を開催。同講座は人気漫画『鬼滅の刃』のファンを対象にしたもので、大正時代を舞台とした同作では人気キャラクターがそれぞれ異なる柄の着物を着用していることから、その柄にまつわる講座を開催し好評を博した。
本商品は、『鬼滅の刃』を通して日本の伝統である着物に興味を持ってもらえるよう商品化されたものだ。

ラインナップは、竈門炭治郎の「市松模様」、竈門禰豆子の「麻の葉模様」、我妻善逸の「うろこ模様」の3種。
すべて魔除けの縁起柄であり、江戸、明治、大正、昭和、平成、そして令和と、数百年の時を超えて現代に伝わる縁起の良い伝統柄だ。

商品はおおがや店頭およびネットショップにて取り扱い中。鬼滅ファンだけでなく、正統派の古典文様を好む方まで愛用できる本商品に注目だ!

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記となる。

アニメージュプラス編集部