• 世紀末覇者「ラオウ」、ここに顕現!! 超像可動シリーズ第二弾登場
  • 世紀末覇者「ラオウ」、ここに顕現!! 超像可動シリーズ第二弾登場
2020.10.15

世紀末覇者「ラオウ」、ここに顕現!! 超像可動シリーズ第二弾登場

(C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GB-219

メディコス・エンタテインメントより、原作:武論尊/漫画:原哲夫による大人気漫画作品『北斗の拳』超像可動シリーズ第二弾として、「ラオウ」がフィギュア化されることが発表された。

『北斗の拳』に登場する北斗四兄弟の長兄、世紀末覇者・拳王「ラオウ」が超迫力で立体化される。
2020年10月15日(木)12:00より、メディコス・エンタテインメント通販サイトMEDICOS ONLINE SHOPおよび全国のホビーショップ、量販店、Webショップにて順次予約受付がスタートする。

本商品は、原哲夫先生の徹底した造形・彩色の監修による究極の造形美が再現された、ラオウの放つ闘気が見えそうなくらいの大迫力フィギュア。
価格は9600円+税となっている。

200mmを超える大ボリュームの本体と豊富な可動域により劇中の豪快な技の数々が再現可能だ。
乱世を力によって統一する野望を追い続けた孤高の男、世紀末覇者 拳王がここに復活する!

表情違いの頭部パーツの他、ハンドパーツ、エフェクトなど豊富なオプションパーツが付属するので、こだわりのポージング、シーンの再現ができそうだ。

(C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GB-219

アニメージュプラス編集部