• ついに最終章、1話目は!? アニメ『GREAT PRETENDER』あらすじ&先行カット
  • ついに最終章、1話目は!? アニメ『GREAT PRETENDER』あらすじ&先行カット
2020.10.20

ついに最終章、1話目は!? アニメ『GREAT PRETENDER』あらすじ&先行カット

(C)WIT STUDIO/Great Pretenders

現在、フジテレビ「+Ultra」ほかにて好評放送中、Netflixで好評配信中のアニメ『GREAT PRETENDER』。
いよいよ最終章へと突入する本作のあらすじと先行カットをチェックしよう!

本作は『鬼灯の冷徹』『91Days』などの鏑木ひろが監督を務め、『ALWAYS 三丁目の夕日』『コンフィデンスマンJP』などのヒット作を手掛ける脚本家・古沢良太がTVアニメシリーズの脚本・シリーズ構成に初挑戦。
さらに『新世紀エヴァンゲリオン』『サマーウォーズ』の貞本義行がキャラクターデザイン、『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』など、ハイクオリティな映像で話題作を続々手掛けるWIT STUDIOがアニメーション制作と、ジャンルを超えた今世紀最強のチームが贈る、オリジナルアニメだ。

10月21日(水)より順次放送の最終章CASE4の先行カット&あらすじはこちら!


<CASE4_1:ウィザード・オブ・ファー・イースト>
「お別れを言いに来ただ」:
母の墓前で今まで溜め込んでいた気持ちを吐き出し、ローラン達と決別したエダマメは貿易会社「スカーレット商会」に就職する。しかし、会社の裏側が見えたとき、またもローランの掌に踊らされたと気づくエダマメ。
今回のターゲットはスカーレット商会の親会社『朱雀連合会』。そこはボスの朱雀アケミが人身売買を生業とする犯罪組織だった……!

(C)WIT STUDIO/Great Pretenders

アニメージュプラス編集部