• 特級呪霊が登場か!? アニメ『呪術廻戦』第4話あらすじ&先行カット
  • 特級呪霊が登場か!? アニメ『呪術廻戦』第4話あらすじ&先行カット
2020.10.20

特級呪霊が登場か!? アニメ『呪術廻戦』第4話あらすじ&先行カット

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて連載中、10月2日(金)よりMBS/TBS系全国28局ネット “スーパーアニメイズム” 枠にて放送中のTVアニメ『呪術廻戦』第3話のあらすじ、先行場面カットが解禁された。

TVアニメ『呪術廻戦』は芥見下々による同名漫画が原作。類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、ある日学校に眠る『呪物』の封印が解かれたことで、呪いを廻る戦いの世界へと入っていく。異才が拓く、ダークファンタジーの新境地だ。

第3話は10月23日(金)深夜1時25分よりMBS/TBS系全国28局ネット “スーパーアニメイズム” 枠にて放送開始。あらすじ、先行場面カットはこちら!

<第4話「呪胎戴天」>
少年院で起きた緊急事態に、虎杖、伏黒、釘崎が派遣される。
任務は、いずれ特級呪霊に成り得る呪胎とともに取り残された生存者の確認と救出。
乗り込んだ虎杖たちは、無慈悲な現実に直面する。
直後釘崎の姿が消え、残された虎杖と伏黒の隣には、特級呪霊の姿があった。

第4話先行場面カットを全て見る!>>>

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

アニメージュプラス編集部