• 駒田航が駒田航を演じる!? 駒田航インタビュー
  • 駒田航が駒田航を演じる!? 駒田航インタビュー
2020.10.25

駒田航が駒田航を演じる!? 駒田航インタビュー

駒田航が駒田航を演じる!?

11月21日(土)から開催されるオンライン謎解きイベント、『駒田航VOICE Re:CORD〜失われた記憶〜』にて、主演を演じる声優の駒田航さんが、駒田航役で出演する!? 一体どういうこと!? ということで駒田さんご本人に作品についてうかがってきました。ご本人を「演じる」にはご苦労があったようです。

——今回のこの謎解きイベント、駒田さんが主演として出演されていますが、この企画の内容をお聞きになったときの印象を教えてください。

駒田 謎解きのイベントのような企画をやりたいということをお聞きして、初めは作品に出てくる音声や、ガイドなのだろうと思っていました。そうではなく自分がテーマとして出るというのを聞いたときは、「どういうことだろう?」って。謎解きのイベントに僕がテーマとして出るという事は、声だけじゃないんだろう。声は当然使うんだろうけれど、他に何を使うんだろうって考えていたらドキドキ感がすごく高まりました。

——駒田航役ということですが、カタカナの「コマダワタル」という登場人物と駒田航さんの2人がいて、「コマダさん」は声も記憶も失っている。ご自身役と言っても、「コマダさん」は演じているわけですね。

駒田 そうですね。コマダワタルは記憶も感情も失った状態から喜怒哀楽の4つの感情を取り戻していくのですが、それぞれの感情にスポットを当てたシーンがあるんです。当然普段の自分からすると、感情をなくした状態を演じることがベースになっているので、難しさはありました。基本普段は声だけで演じているのですが、映像の中で生身で感情を表現していて、それを参加者の方たちが謎解きのヒントとして捉えていくので、担うものとして大事なところなんだろうと意識しました。

——映像の撮影はいかがでしたでしょうか。

駒田 最初の撮影の時に世界観と、撮影の順番や流れを教えていただきました。何日かに分けての撮影で、間もけっこうあったので、自分なりに表現の仕方をいろいろと考えて臨みました。細かい動きも含めて、頭の中で想像を膨らませて台詞も違和感なく出てくるように注意しました。参加していただいた方は、僕がいる部屋を覗いているという演出になっているので、ナチュラルな僕を見てやりとりをするリアリティ感も出さないといけなかったので、めちゃくちゃ想像力を用いたというか、頭を使いました。

——声だけの仕事とは違うんですね。

駒田 全然違いますね。舞台とも違って、リアルに限りなく近いシーンの撮影という感覚でした。なので自分としては完全に新しい挑戦だったと思います。駒田航の普段の姿を映像にするのではなく、「コマダワタル」としてそれを表現する、つまりそれは演じることで、喜怒哀楽の表現も、それぞれの間だったり、その4つに落差がないとダメなため、そこに比重を置いて取り組みました。初めてのことだらけだったので、やってみて面白かったです。刺激されました。

文/阿部雄一郎