• 高所のデスゲームに震える『天空侵犯』アニメ化決定!
  • 高所のデスゲームに震える『天空侵犯』アニメ化決定!
2020.10.27

高所のデスゲームに震える『天空侵犯』アニメ化決定!

『亜人』三浦追儺が原作・『ボックス!』大羽隆廣が作画を担当したサバイバルアクションコミック『天空侵犯』が、Netflixオリジナルアニメシリーズとして制作が決定した。

『天空侵犯』は、 DeNAのマンガアプリ「マンガボックス」で14年~19年まで連載された作品。女子高生・本城遊理は、気づけば見知らぬビルの屋上にいた。彼女が迷い込んだその世界は、無数の高層ビルが吊り橋で繋がる “異常空間” だった。そこに現れる、人々を容赦なく殺戮する謎の “仮面”。やはりこの世界に迷い込んだ兄と再会するため、遊理は仲間と協力して戦うことを決意する。

予測不能な展開に満ちた本作の映像化に挑むメインキャスト&スタッフ情報も解禁。
主人公・本城遊理役に白石晴香、ナイフ使いの女子高生・二瀬真由子役に青木志貴、頭脳明晰な遊理の兄・本城理火役に榎木淳弥、そして世間知らずのお嬢様・新崎九遠役に関根明良、圧倒的な狙撃テクニックを持つスナイパー仮面役に梅原裕一郎と、若手実力派キャストが集結。
監督を務めるのは、たかたまさひろ、シリーズ構成に待田堂子、アニメーション制作は、『同居人はひざ、時々、頭のうえ。』『ぐらんぶる』などを手掛けたゼロジーが担当する。

吊り橋の上で鎌を片手に迫ってくるメイド姿の仮面、同じく吊り橋の上で銃とナイフを構える遊理・二瀬を描いた2点のキービジュアル、緊張感たっぷりのティザーPV、さらに原作の三浦・大羽両氏のコメント、大羽氏のアニメ化お祝いイラストも併せて公開された。
血で血を洗う絶望的なデスゲームの開幕は近い!

(C)三浦追儺・大羽隆廣・講談社/天空侵犯製作委員会

アニメージュプラス編集部