• 和解したはずの夫婦に何が? 『名探偵コナン』第986話あらすじ&先行カット
  • 和解したはずの夫婦に何が? 『名探偵コナン』第986話あらすじ&先行カット
2020.10.30

和解したはずの夫婦に何が? 『名探偵コナン』第986話あらすじ&先行カット

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

『名探偵コナン』は、青山剛昌による同名漫画のアニメ化作品。高校生探偵・工藤新一は、謎の組織の手によって子供の姿に変身させられた。彼は江戸川コナンと名乗り、幼馴染みの毛利蘭、その父親・毛利小五郎、少年探偵団たちと協力しながら様々な難事件に挑む。

第986話は前回の続きとなる後編。
前編では、毛利小五郎事務所にやってきた武藤雅子の依頼により、失踪した貿易商の夫・武藤一誠の捜索。小五郎は、手掛かりをもとに夫のもとにたどり着くが、夫の本来の姿は貿易商ではなくリサイクル業者の社長だった。
隠し事をしていたことを反省し、武藤夫婦は無事和解したかに思えたのだが、翌日、夫が遺体となって発見される……。
くわしいあらすじはこちら!

<あらすじ>
毛利小五郎事務所にやってきた武藤雅子の夫・武藤一誠。失踪していた彼の本来の仕事は貿易商ではなくリサイクル業者の社長だった。見栄を張って雅子に隠し事をしていたことを反省し、武藤夫婦は無事和解したかに思えた。
しかし翌日、一誠が遺体となって発見されたと探偵事務所に連絡が入り、急いでコナンと小五郎は現場に向かう。
遺体の死亡推定時刻は本日2時から6時の間。死因はまだわかっていなかったが、遺体は燃やされ黒焦げになっており、身元の判明を遅らせるためか歯がすべて抜かれていた。
コナンは、死亡したのは本当に一誠かと疑問を持つ。小五郎とともに会社へ聞き込みに行くと、無断欠勤している社員・野中貞彦の存在を知る。コナンと小五郎は、野中の自宅に向かうが彼の姿はない。そんな中、コナンはある所持品がないことに気が付き……。

>>>『名探偵コナン』第986話の先行カットを全部見る

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

アニメージュプラス編集部