• シンカリオンN700Sのぞみ登場! 櫻井孝宏がWEBアニメナレーション担当
  • シンカリオンN700Sのぞみ登場! 櫻井孝宏がWEBアニメナレーション担当
2020.10.30

シンカリオンN700Sのぞみ登場! 櫻井孝宏がWEBアニメナレーション担当

(C) TOMY (C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

タカラトミー、ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクションが原案を務める『新幹線変形ロボ シンカリオン』は、同作品の鉄道玩具「プラレール DXS シンカリオン N700Sのぞみ」を、2020年12月5日に発売する。
また「シンカリオン N700Sのぞみ」の登場を記念して、2本の新規映像(オリジナルアニメーションと商品紹介映像)も公開されている。オリジナルアニメーションのナレーションは、人気声優の櫻井孝宏が担当している。

『新幹線変形ロボ シンカリオン』とは、「新幹線超進化研究所」が、日本の最先端テクノロジーが集結する新幹線の技術を駆使し、「巨大怪物体」の未知なる脅威に対抗するために開発したロボット。
2015年からコンテンツが展開され、2017年から2019年までTVアニメを放送。2019年12月には劇場版アニメも公開されている。

「新幹線N700Sのぞみ」は、N700系以来のフルモデルチェンジ車両として2020年7月に営業運転を開始した最新型の新幹線車両。名前の「S」はN700系シリーズ中、「最高」を意味する「Supreme(スプリーム)」を表している。
左右両サイドにエッジを立てた「デュアル スプリーム ウィング形」と呼ばれる先頭形状を持ち、各種新技術によって安全性、安定性、快適性、環境性能を向上しつつ、省エネルギー化を図っている。

「プラレール DXS シンカリオン N700Sのぞみ」は、最新型の「新幹線N700Sのぞみ」をモチーフに開発されたキャラクター。JR東海の同車両の特徴として話題になった「自走用バッテリー装置」や全席導入された「モバイル用コンセント」などをシンカリオンのキャラクター設定として取り入れ、商品仕様に落とし込むことで、遊びの一部としている。

「プラレール DXS シンカリオン N700Sのぞみ」は、全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(takaratomymall.jp)等にて発売される。

>>>「プラレール DXS シンカリオン N700Sのぞみ」の画像を全部見る

(C) TOMY
(C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS

アニメージュプラス編集部