• 本広克行監督が語る『ビューティフルドリーマー』の実験と野望
  • 本広克行監督が語る『ビューティフルドリーマー』の実験と野望
2020.11.05

本広克行監督が語る『ビューティフルドリーマー』の実験と野望

(C)2020映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会

『踊る大捜査線』シリーズ、『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズほか、数々のヒット作を手がける本広克行監督の最新劇場作『ビューティフルドリーマー』が6日(金)より公開される。本広監督が敬愛する押井守監督の原案を基に生み出された、実験精神にあふれた野心作だ。



先勝美術大学映画研究会の3年生部員・サラ(小川紗良)は、部室の中に埋もれていた台本「夢みる人」を発見する。これは映研に伝わる「撮影しようとすると、必ず何か恐ろしいことが起こる」〝いわくつき〟の台本なのだという。しかし、台本に魅せられたサラはほかの部員たちを巻き込んで新たな映像化に挑もうとする。言い伝えどおり、次々に予期せぬ困難やトラブルに見舞われるサラたち。果たして無事にクランクアップできるのか!?

本作は、「監督絶対主義」で映画を制作する実験レーベル「シネマラボ」第1作。本広監督のほかに押井守監督、小中和哉監督、上田慎一郎監督が参加したこのレーベルでの映画化に際しての条件は「限られた制作予算」のみ。それ以外の企画開発・脚本・キャスティング・ロケーション・演出といった全てのクリエイティブ面を監督に委ねることで、作家性の高い作品を提供していくという。

作品タイトル、そして押井監督原案というポイントに引っかかったなら、本作を楽しめること間違いなし。アニメファンなら驚愕を隠せない本広監督のチャレンジを、ぜひ劇場で体験してもらいたい。

(C)2020映画「ビューティフルドリーマー」製作委員会

アニメージュプラス編集部