• 綺麗な花には毒がある!? アニメ『名探偵コナン』第987話あらすじ&先行カット
  • 綺麗な花には毒がある!? アニメ『名探偵コナン』第987話あらすじ&先行カット
2020.11.06

綺麗な花には毒がある!? アニメ『名探偵コナン』第987話あらすじ&先行カット

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

『名探偵コナン』は、青山剛昌による同名漫画のアニメ化作品。高校生探偵・工藤新一は、謎の組織の手によって子供の姿に変身させられた。彼は江戸川コナンと名乗り、幼馴染みの毛利蘭、その父親・毛利小五郎、少年探偵団たちと協力しながら様々な難事件に挑む。

第987話は、レストランに食事に行ったコナン、蘭、小五郎は、通販サイト『クレーノ』の社員たちが “会社解散パーティ” をひらいているのに出くわす。そんな中、労いの言葉とともに花束を渡された社長が倒れてしまう。
その花束には、毒針が仕込まれていたのだ。容疑者はパーティの参加者に絞られるが……。
今回もコナンの推理がどのように展開されるのか、楽しみ! 早速詳しいあらすじをご紹介しよう。

<あらすじ>
レストランに食事に行ったコナン、蘭、小五郎は、そこで通販サイト『クレーノ』の社員たちが “会社解散パーティ” をひらいているのに出くわす。
そこには、社長の呉野次郎、広報担当の戸田潤之介、商品管理担当の越元栄路、経理担当の成田摩由、ウェブデザイナーの上条広雄がいた。労いの言葉とともに花束を渡された呉野が倒れてしまう。その花束には、毒針が仕込まれていたのだ。
話を聞くと、参加者それぞれに殺害の動機があった。そんな中、従業員から花束の前にしゃがみこみ何か細工をしている越元の姿を目撃したとの証言が出てくる。参加者たちを再び集めるが、そこに越元の姿がなく……。

>>>『名探偵コナン』第987話の先行カットを全部見る

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

アニメージュプラス編集部