• クラウドファンディング達成! 『開田裕治の超・ゴジラ画帖』
  • クラウドファンディング達成! 『開田裕治の超・ゴジラ画帖』
2020.11.19

クラウドファンディング達成! 『開田裕治の超・ゴジラ画帖』

(C)2021 Legendary. TM & (C) TOHO CO., LTD.

怪獣絵師・開田裕治による、初収録や描き下ろしを含む、ゴジラシリーズ全35作品を収録する初の画集『怪獣絵師 開田裕治の超・ゴジラ画帖』。
この画集を2021年2月に出版することを目的としたクラウドファンディングが、
パルコの購入型クラウドファンディングサービス「BOOSTER(ブースター)」にて11月10日(火)12時から募集されていた。このクラウドファンディングは、わずか1週間で1000万円を突破する大反響となった。

『怪獣絵師 開田裕治の超・ゴジラ画帖』は、40年以上にわたり怪獣黎明期から描き続けるイラストレーターの第一人者・開田裕治が現代までに描いたゴジラ作品のうち現存する全てを完全収録する画集。
プラモデルの箱絵やLPレコード、CDジャケット、カードゲームなどの商品を彩った作品群をはじめ、イラストレーターとしてデビューして以来数多く手掛けたものの、画集に収録されることのなかった門外不出の “怪獣解剖図解” や “メカニック三面図” や ”モノクロカット” なども初収録。
また、特別枠としてこれまで開田裕治の原画展開催時に描き下ろした絵画や、ゴジラ映画以外の東宝特撮映画作品まで完全網羅し、収録総点数はこれまでで最大となる180点余り・ページ総数240ページと膨大な作品群になる。

さらに本プロジェクトの目玉として、今回の画集用にゴジラ映画公開作品の中で、開田裕治が描いたことのないシリーズの描き下ろしが実現し、日本映画シリーズでは29作品、アニメシリーズでは3作品、ハリウッドシリーズでは3作品の合計35作品全てを収録する前代未聞の超豪華企画となっている。
まさに、ゴジラ生誕66周年を迎える至極の一冊と言えるだろう。

開田裕治は以下のコメントを寄せている。

「40数年に渡り、ゴジラを描き続けて参りましたが、今回その道のりが一冊の本にまとめられるということになりました。私が表現するゴジラ映画の世界、東宝特撮怪獣映画の世界を堪能して頂ける一冊になっていると思いますので、ぜひよろしくお願い致します」

クラウドファンディングはすでに目標額を達成したが、12月17日まで募集は継続される。

>>>『怪獣絵師 開田裕治の超・ゴジラ画帖』関連画像を全部見る

(C)2021 Legendary.
TM & (C) TOHO CO., LTD.

アニメージュプラス編集部