• 『ARIA』のOP・EDは安野希世乃! 初公開のオリジナルキャラで出演も!!
  • 『ARIA』のOP・EDは安野希世乃! 初公開のオリジナルキャラで出演も!!
2020.11.27

『ARIA』のOP・EDは安野希世乃! 初公開のオリジナルキャラで出演も!!

(C)2020 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

天野こずえが描いた未来形ヒーリングコミック『ARIA』。
単行本累計460万部、関連書籍累計80万部が発行された本作は、2005年に『ARIA The ANIMATION』としてアニメ化された。
その後も2006年に『The NATURAL』、2007年に『The OVA 〜ARIETTA〜』、2008年に『The ORIGINATION』、2015年に完全新作アニメーション『ARIA The AVVENIRE』が制作され、原作コミックの雰囲気そのままの優しい世界が数多くのファンを魅了。
『ARIA The ANIMATION』放送から15年目を迎える今年・2020年には、完全新作アニメーション『ARIA The CREPUSCOLO』の制作が発表され、多くのファンが喜びの声をあげると共に、さらなる続報に注目が集まっている。
▲『ARIA The CREPUSCOLO』ティザービジュアル

そしてこのたび、『ARIA The CREPUSCOLO』のOP+EDテーマを安野希世乃が担当することが、新たに発表された。
安野はTVアニメ『マクロスΔ(デルタ)』のカナメ・バッカニア役を演じ、戦術音楽ユニット・ワルキューレのリーダーとしても活動、2017年7月にはソロシンガーとしてもデビューをはたしている注目のアーティストだ。

【安野希世乃コメント】
シリーズが長きにわたり、時を超えて多くの人に愛され続けているARIAシリーズ……今作の美しい作品世界の一部に、このたび音楽を通じて関われると伺った時は心底驚きましたし、飛び上がるほど嬉しかったです!
過去シリーズを拝見していても、美しい映像と優しい物語と出逢った時の、心の奥までじんわりと語りかけてくる「音楽の力」を芯から感じました。
歌わせて頂いた楽曲が、ARIAの世界を彩る一部になれるなんて……こんなに嬉しいことはありません。
この出逢いに、心から感謝しています。

安野希世乃
7月9日、宮城県生まれ。2016年、TVアニメ『マクロスΔ(デルタ)』のカナメ・バッカニア役に選ばれ、戦術音楽ユニット・ワルキューレのリーダーとして活動する。ワルキューレの1stアルバム『Walkure Attack!』は、日本ゴールドディスク大賞 “アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー” を獲得。2017年7月、TVアニメ『異世界食堂』EDテーマ『ちいさなひとつぶ』を含む1stミニアルバム『涙。』をリリース、ソロシンガーとしてもデビューをはたす。以降、ミニアルバム『笑顔。』『おかえり。』、シングル『ロケットビート』『晴れ模様』をリリース。
声優としては、『アイドルマスターシンデレラガールズ』木村夏樹役、『冴えない彼女の育てかた♭』加藤恵役、『スター☆トゥインクルプリキュア』天宮えれな/キュアソレイユ役など多数の作品に出演している。
OPテーマ『フェリチータ』 安野希世乃
EDテーマ『echoes』 安野希世乃
※詳細は12月25日(金) 正午解禁予定

(C)2020 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

アニメージュプラス編集部