• スピラ・スピカが新曲を賑やかに語る! ロングインタビュー公開☆
  • スピラ・スピカが新曲を賑やかに語る! ロングインタビュー公開☆
2020.12.08

スピラ・スピカが新曲を賑やかに語る! ロングインタビュー公開☆

スピラ・スピカが新曲を賑やかに語る! ロングインタビュー公開☆

2020年12月9日に、“ピュアポップ・ロックバンド”スピラ・スピカの7thシングル『サヨナラナミダ/ほしのかけら』がリリースされる。『サヨナラナミダ』は、10月3日よりTOKYO MXほかにて放送スタートしたTVアニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』のエンディングテーマとして注目を集めている。

スピラ・スピカは、観る人、聴く人を自然と笑顔にさせる天真爛漫なキャラクターを持つVo.幹葉を中心としたピュアポップ・ロックバンド。
2013年Gt.寺西裕二、Ba.ますだと共に『スノーマン』として関西を拠点に活動を開始した。
2018年8月8日にTVアニメ『ガンダムビルドダイバーズ』第2クールED曲『スタートダッシュ』にてメジャーデビュー。
ワンマンツアーが全箇所即日完売するなど、老若男女問わずもっとも笑顔と元気がもらえるライブと話題の3ピースバンドは、今までにアニメタイアップソングを含む6枚のシングルをリリースし、2020年3月18日に待望のMajor 1st Full Album『ポップ・ステップ・ジャンプ!』をリリースした。

スピラ・スピカの新曲『サヨナラナミダ』は透明感のある切なさと悲壮感に溢れており、ポジティブなメッセージを届け続けてきた彼らのサウンドとは異なる雰囲気を感じさせる。
仲の良いグループは、音楽も面白い! 笑顔に満ちた和やかな雰囲気の中、『サヨナラナミダ/ほしのかけら』についてたっぷり語っていただいた、ロングインタビューをお届けする。

◆アニメの印象
幹葉「ここまでシリアスなお話を担当するのは、私達は初めてだ」

――EDテーマを担当されているTVアニメ『戦翼のシグルドリーヴァ』の印象をお聞かせください。

幹葉 これは、ミリタリー好きのテラくん(寺西)からいった方が!

寺西 はい。実は、結構ミリタリーものが好きで。でも、戦闘機にはあまり触れたことがなかったんです。アニメを観ると飛び方とかエンジン音からも本気度が伝わってくるというか! 格好良いなと思って。そういうところから、ちょっと戦闘機を見てみようかな? とか、昔やっていた戦闘機が出るゲームをもう一回やってみようかなという気持ちになりました。“戦闘機”というものに対しての“入口”になれるような作品なのかなと思います。あとは、“生死”の描き方がとても印象的でした。

――アニメを観ていて、その点には特に驚かされました。

寺西 可愛らしいシーンから、いきなりどかんと重いシーンが来るギャップがあるけれど、戦いで亡くなってしまう人達にもまっすぐに向き合っている作品だなと感じています。

――幹葉さんは、どのように感じられましたか?

幹葉 私は歌詞を書くために、シナリオをどのメンバーよりも先にいただいて読んでいたんですけど、「ここまでシリアスなお話を担当するのは、私達は初めてだ」と思って。私達、スピラ・スピカが担当させていただいた『ガンダムビルドダイバーズ』などのガンダムビルドシリーズは、実際に人が亡くなることはあまりないので。シナリオを読んだ時に「こんなに簡単に人の命が……」とびっくりしました。胸が痛くなる瞬間が非常に多いなと思ったんですけど、一方で……まず、女の子達がかわいい!(笑)

寺西ますだ (大きく頷く)

幹葉 アニメが始まる前から、 それぞれの推しキャラをメンバーで話してました(笑)うまいことかぶってなかったん……あっ、ちょっとかぶりかけた!?

寺西ますだ そうですね(笑)

幹葉 そんな感じで放送前から盛り上がっていたんですけど、厳しい状況の中でも、彼女たちが戦いに挑み続ける姿は本当にかっこいいなと思って。じゃあ私達は、どういう楽曲でこのアニメに関わることができるだろう、一緒に一つの作品を作ることができるだろうと考えながら、シナリオを読んでいました。

――ますださんは、いかがだったでしょうか。

ますだ キャラクターがめちゃめちゃいいなと感じました。一人一人のキャラクターに魅力があるじゃないですか? それぞれの色んな表情を見ているのも楽しくて。重くて辛いシーンの時の、うつむいた表情とか。それがまた、辛いけど良いなって。そういう細かい部分からも、制作している人達の愛を感じる作品やなって思いましたね。

出雲ゆき弥