• タイタニック号の最新調査結果!ナレーション・豊永利行で日本初放送
  • タイタニック号の最新調査結果!ナレーション・豊永利行で日本初放送
2020.12.13

タイタニック号の最新調査結果!ナレーション・豊永利行で日本初放送

「深海へ!タイタニック号再調査」 (C)Atlantic Productions Ltd.

全国のケーブルテレビおよびスカパー!などで放送中のドキュメンタリー専門チャンネル、ナショナル ジオグラフィックは、大西洋の深海に沈んだタイタニック号の今をハイテク技術と15年ぶりの有人潜水調査で明らかにする「深海へ!タイタニック号再調査」を12月19日(土)夜8時より日本初放送する。

この番組は、1912年に氷山との衝突により沈没し、約35年前に海底で発見された豪華客船タイタニック号の船体の腐食状態を確認するため、およそ15年ぶりの有人潜水調査を行い、最新テクノロジーを駆使してタイタニック号に隠された物語を明らかにしていく科学ドキュメンタリー番組。
調査チームは最先端の深海潜水艇に高解像度カメラを搭載し、世界初となるタイタニック号の4K映像を撮影する。その映像を元に精密な3Dモデルが作成され、沈没にひんした乗員乗客のドラマを浮き彫りにしていく。

そして、ナレーションの日本語吹き替え版は『機動戦士ガンダムAGE』の主人公フリット・アスノ役、『東京喰種 トーキョーグール』の永近英良役など、数々の人気作品で活躍する声優の豊永利行さんが担当。
豊永さんから番組を楽しみにしている皆さんに向けてコメントが寄せられた。

▼豊永利行さんコメント
豊永利行さん
「初めて関わらせていただき、更にタイタニック号の再調査、そしてデータ上での復元という神秘的な体験に参加させていただけて、とても光栄に思います。今回のお仕事をいただけなければ知る事が出来なかったかもしれないお話なので、皆様にも是非、同じ体験をしていただきたいです。現在のタイタニック号は、一体どうなっているのか!? そして、それを調査する人達の覚悟と精神、そして想いを、是非ご覧ください!」

海底に眠るタイタニック号にはいったいどんな物語が秘められているのか? 心揺さぶられる深海への冒険に乗り出そう。

(C)Atlantic Productions Ltd.

アニメージュプラス編集部