• 劇場版『鬼滅の刃』興収311億円に 歴代興収1位も目前
  • 劇場版『鬼滅の刃』興収311億円に 歴代興収1位も目前
2020.12.21

劇場版『鬼滅の刃』興収311億円に 歴代興収1位も目前

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

10月16日(金)に全国公開となった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開10週目週末及び公開66日間興行成績が到着した。

昨年TVアニメ化を果たすと、人と鬼との切ない物語に躍動感あふれる映像で描かれる鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、アニメ放映終了後も日本中だけにとどまらず、世界各地から熱い視線が注がれている本作。TVアニメでは主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)とその仲間たちが、“無限列車” に乗り込むシーンで “竈門炭治郎 立志編” の物語が幕を閉じた。

その無限列車を舞台に、炭治郎たちの新たなる任務が描かれた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が10月16日(金)に全国公開となり、公開初日3日間で日本国内で公開された映画の興行収入・動員歴代1位を記録、公開24日間で歴代最速の興行収入200億円を突破するなど、次々と記録を更新している。

今回は10週目となる12月19日・20日の興行成績を紹介する。

●12月19日(土) 観客動員:13万3068人  興行収入:1億8778万8050円
●12月20日(日) 観客動員:14万8780人  興行収入:2億262万7400円

また、累計興行成績が311.6億円を突破。先日歴代興行収入1位の『千と千尋の神隠し』の興行収入が316.8億円に更新されたが、12月26日(土)からはMX4D、4DXの上映が開始、さらに来場御礼入場者プレゼント第4弾がスタートすることもあり、年内には首位更新の歴史的瞬間を目の当たりにできそうな勢いとなっている。

●10月16日(金)~12月20日(日) 66日間成績 
全国379館 計 2317万5884人 311億6664万7900円

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

アニメージュプラス編集部