• 安彦良和がキャリア史で明かしたアニメージュとの「思い出」と「別れ」
  • 安彦良和がキャリア史で明かしたアニメージュとの「思い出」と「別れ」
2021.01.07

安彦良和がキャリア史で明かしたアニメージュとの「思い出」と「別れ」

初めて表紙イラストを手がけたアニメージュ79年9月号を手にする安彦さん

安彦良和さんのキャリア史を、ライターの石井誠さんがまとめた書籍「安彦良和 マイ・バック・ページズ」(太田出版)。著者2人のインタビューはいよいよ後半戦へ。
『機動戦士ガンダム』でブレイクした安彦さんを、当時の「アニメージュ」は注目のクリエイターとして紹介していたが、ある時その関係に突如ピリオドが打たれてしまったのだという。その複雑な心境を本書で吐露した安彦さんに、あえてアニメージュとの関わりについて語って頂いた。

安彦 徳間書店の取材だから言いますけど、自分にとって今回一番黒いものを吐き出したのはアニメージュとの関係の部分です。アニメージュとご縁が切れたと同時にアニメの仕事がなくなったので、あまりそこを語る機会はなかったんですが、こう根掘り葉掘り聞かれてしまうと、そこも語らざるをえないというね……振られた昔の女の話をしているようで、気が引けるんだけど(苦笑)。

石井 本当にすみません(笑)。

安彦 でも、そこはほとんど誰も聞いてこなかったから。そういう意味では、長年の愚痴を聞いてもらう感じでありがたかったかな。

――とはいえ、その後も安彦さんは徳間書店で活発にマンガの仕事をされていますよね。

安彦 ああ、コミック担当の校條満さんとのご縁のおかげでね。彼がいなければ「古代史」シリーズを描くこともありませんでしたからね。校條さんはアニメージュ編集部と同じフロアにおられたのでよく足を運びましたが、当時のアニメージュの連中には声をかけられるどころか、目つきの悪い奴に睨まれてね。「何だよ、そんな目で見やがって」と思っていたけど、その目つきの悪い奴、後で考えてみたら古林(英明)君だった(笑)。

――のちの「ガンダムエース」初代編集長じゃないですか。あの人、元々ああいう目つきだったんですよ!

安彦 そうなんだよね(苦笑)、でもその時は面識もないから、すっかりそう誤解しちゃってたんだ。しかし、当時いろんなアニメ雑誌が出ていましたけれど、アニメージュというのはすごいメディアでしたよ。

まず、尾形英夫(初代編集長)って人が大きかった。あの人の何て言ったらいいんだろう……言葉を選ばずに言えば品の無さっていうか(笑)、あの貪欲さはすごかった。「こいつは目立っている、金になる」と思ったら食らいついて離さない。その性質を上品に受け継いだのが鈴木敏夫で、宮崎駿を集中的に取り上げていくあの嗅覚は大したものだと思うし、二人の両輪が上手く機能していたんじゃないですか。



アニメージュプラス編集部