• 光月おでん初立体化!『一番くじ ワンピース ワノ国編~第二幕~』
  • 光月おでん初立体化!『一番くじ ワンピース ワノ国編~第二幕~』
2021.01.08

光月おでん初立体化!『一番くじ ワンピース ワノ国編~第二幕~』

初立体化キャラがラインナップ(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

ハズレ無しのキャラクターくじ「一番くじ」の最新作として『一番くじ ワンピース ワノ国編~第二幕~』が2021年1月15日(金)より順次発売となる。今度のワンピ一番くじには、ワノ国編の新キャラクター「光月おでん」が初登場する!

本商品は、テレビアニメ『ワンピース』のワノ国編をテーマにした一番くじ。
ワノ国編を彩るキャラクターたちのリアルフィギュアをはじめ、新ブランドのデフォルメフィギュアシリーズ「FACEmotion(フェイスモーション)」、おてしょ皿、和色紙、クリアファイルセットなど、豪華アイテムがラインナップされている。

一番くじ初となるシチュエーションフィギュア「Emorial Vignette(エモリアル ビネット)」では、ワノ国編の作中で語られた「エースとお玉」の心温まるシーンを再現。
お玉を見つめる温かいまなざし、穏やかな口元、足を組みリラックスしたポージングなど「エース」のいつもの凛々しい姿とは違う新鮮味のある姿や、「お玉」の幼さを残した楽しそうな動きのある表情やポージングが表現されている。

「ルフィ」は作中でも印象的な鎧で武装した姿を、「ゾロ」は伝説の刀「閻魔」を譲り受けたシーンを再現。

さらにワノ国編を語るうえで外せない新キャラクター「おでん」が待望の初立体化!
その娘である絶世の美女「日和」も、美しさの中に可憐さも感じられるポージングで再現されている。
どのフィギュアも華やかな仕上がりで、新たな年を迎えたばかりの今の時期にぴったり。

また、作中でコミカルなリアクションを見せるキャラクター達の「表情」にフォーカスした新ブランド「FACEmotion」では、「サンジ」「ゾロ」「日和」「おトコ」のシーンがデフォルメフィギュアで登場する。

このほか、ワノ国編で活躍するキャラクターたちをデザインした雑貨も登場。
おてしょ皿の丸皿はワノ国を代表する4キャラクターを和柄で、扇皿はワノ国衣装の麦わらの一味を春夏秋冬で表現。
扇皿4種はつなげるとカイドウの姿が浮かび上がるデザインになっている。

そして、ワノ国編の印象的なシーンを水彩で表現した和色紙や、対立・仲間・親子など作中の関係性を感じさせるクリアファイルセットなどをラインナップ。

最後のくじを引くと手に入るラストワン賞は、「エースとお玉」のシチュエーションフィギュア「Emorial Vignette」限定彩色バージョンとなっている。ノスタルジックなカラーリングは、メモリアルな雰囲気たっぷりの仕上がりだ。

『一番くじ ワンピース ワノ国編~第二幕~』は1回680円(税込)、ファミリーマート、麦わらストア限定で、2021年1月15日(金)より順次発売!

とどまるところを知らないワンピース人気。その魅力を『一番くじ ワンピース ワノ国編~第二幕~』で存分にご堪能ください!


(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

アニメージュプラス編集部