• ウルトラマンシリーズの新しい光・ゼロ! 小柳友&濱田龍臣 対談
  • ウルトラマンシリーズの新しい光・ゼロ! 小柳友&濱田龍臣 対談
2021.01.29

ウルトラマンシリーズの新しい光・ゼロ! 小柳友&濱田龍臣 対談

ウルトラマンシリーズの新しい光・ゼロ! 小柳友&濱田龍臣 対談 (C)円谷プロ (C)2009「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」 製作委員会 (C)2010「ウルトラマンゼロ THE MOVIE」製作委員会 (C)2011「ウルトラマンサーガ」製作委員会

登場してから10年が経つウルトラマンゼロが活躍する作品を1つにまとめた『ウルトラマンゼロ Blu-ray BOX』が4月に発売される。このことを記念して、『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』(2010)にてウルトラマンゼロ初の人間態であるランを演じた小柳友さんと、ランの弟・ナオを演じ、その後『ウルトラマンジード』で朝倉リクを演じた濱田龍臣さんに、当時を思い出していただき、ウルトラマンゼロについて語っていただいた。


小柳さんはでっかいお兄ちゃん!

——今回はウルトラマンゼロの作品だけを集めた『ウルトラマンゼロ Blu-ray BOX』が発売されます。ちょっとお時間経っていますが、記憶を遡っていただいて、そもそも『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』に出演された経緯はどういう形だったんでしょうか。

小柳 10年前なので、記憶が不確かなところもあるのですが、僕はオーディションで決めていただきました。当時堀越学園に通っていたんですが、「あれ、友もオーディション行ってたんだ。俺も受けたけどさ、友に決まったのか」って同級生に言われて、すごく大々的なオーディションだったことを知りました。龍臣くんはどう?

濱田 全然覚えてない。

小柳 そりゃそうだ(笑)。

濱田 ただ覚えてるのが、円谷プロさんの本社で当時社長だった大岡(新一)さんから、「この作品はね……」というお話をお聞きしたんですよね。

小柳 じゃあナオ役は決まってたんだね。

——当時からウルトラマンがお好きだったんですよね。

濱田 そうですね。『ウルトラマンマックス』(2005)、『ウルトラマンメビウス』(2006)を観ていて、その後も『ウルトラマンボーイのウルころ』とか、DVDでいろいろ観ていたころです。

小柳 ……オタクだよね(笑)。

濱田 オタクですね(笑)。

小柳 龍臣くんは当時、ずっとウルトラマンの人形を持っていて、「これがウルトラマン●●で」って教えてもらってましたよ。僕はアメコミが好きで、『ミュータント・タートルズ』とかそういうものが好きだったので、あまりウルトラマンシリーズを観てなかったんですが、唯一家にあったのが『ウルトラマンUSA』。すごく渋い。

濱田 『USA』なんですね!

——おふたりが初めて会ったときのこと覚えていますか。

濱田 衣装合わせか、本読みかな?

小柳 僕が覚えているのは、帽子をかぶった龍臣くんが、お母さんと一緒に「おはようございます!」って入ってきて。可愛くて可愛くて。水筒を斜めがけにして持っていたんですが、僕の記憶では確かそれがウルトラマンだったような気がするんですが。

濱田 水筒はかけてたんですが、ウルトラマンだったのか、確証がないんですよね。もしかしたらウルトラマンのときの水筒カバーだったかもしれないし。全然違うかもしれないし、全然覚えてないんです(笑)。

小柳 こうやって記憶は変わっていくんですね。

——ランとナオというご兄弟の役でしたね。

小柳 兄弟のいる役を、僕はあまりやったことがなかったんです。だから兄っていう立場も初めてで。自分がなれるのかなっていう不安があったんですが、龍臣くんと接してく中で、とにかく可愛くて愛おしくて愛おしくて、いつの間にか兄弟になっていた感じですね。

濱田 僕は人見知りも全然しないタイプでしたよね。

小柳 うん、全然なかった。

濱田 だから一番最初の印象としては、おっきいお兄ちゃん。本当に、「でけえ!」って思ってました。

小柳 当時の龍臣くんからするとバカでかかっただろうね。

濱田 すごくでかい! って。僕もこんなに身長高くなりたいなって思うくらい格好いいお兄ちゃんだったので、その兄弟役がどうのこうのっていうのは特になかったですね。

小柳 自然となっていった感じですが、その関係を作ってくれたのがアベ(ユーイチ)監督だったと思います。ごく自然に居られる空間を作ってくれていたんだと思います。


(C)円谷プロ
(C)2009「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説」 製作委員会
(C)2010「ウルトラマンゼロ THE MOVIE」製作委員会
(C)2011「ウルトラマンサーガ」製作委員会

アニメージュプラス編集部