• 思い、はじける。『2.43 清陰高校男子バレー部』第4話あらすじ
  • 思い、はじける。『2.43 清陰高校男子バレー部』第4話あらすじ
2021.01.26

思い、はじける。『2.43 清陰高校男子バレー部』第4話あらすじ

合宿もいよいよ終盤へ(C)壁井ユカコ/集英社・アニメ「2.43」製作委員会

フジテレビ “ノイタミナ” ほかにて2021年1月7日(木)24:55から放送のTVアニメ『2.43 清陰高校男子バレー部』の第4話先行カット&あらすじが到着! 灰島と黒羽のふたりの再会、どうなる!?

本作は東京の強豪中学バレーチームに所属していたものの、トラブルによりチームを離れることになった灰島公誓が、幼少期を過ごした母方の郷里・福井に転居してから再びバレーに向き合う青春スポーツ物語。

山と青空に囲まれた福井を舞台に、弱小男子バレー部が全国を目指す姿は胸が熱くなるに違いない!
そんな本作の第4話のあらすじ&先行カットが到着。第4話の放送は2021年1月28日(木)となっている。

<第4話「高く、はやく、強く」>
高校に入って最初の合宿が始まる。目前に迫る秋季大会に向けて猛練習に励む男子バレー部だったが、黒羽は攻撃練習に参加させてもらえず、灰島に対し不満が爆発する。
合宿も終盤にさしかかった夜、黒羽は灰島に思いをぶつけて──。


>>>第4話の先行場面カットをすべて見る

(C)壁井ユカコ/集英社・アニメ「2.43」製作委員会

アニメージュプラス編集部