• 春からの「ほぼ日手帳2021」新アイテムに「ドラミちゃん」!
  • 春からの「ほぼ日手帳2021」新アイテムに「ドラミちゃん」!
2021.01.26

春からの「ほぼ日手帳2021」新アイテムに「ドラミちゃん」!

可愛い手帳で1年間テンションアップ♪​(C)Fujiko-Pro

「ほぼ日手帳2021 spring」4月はじまり版の手帳ラインナップが、2021年2月1日より発売される。1月はじまり版で発売したラインナップに加えて、今回あらたに登場する手帳は、オリジナルサイズ(A6)の手帳カバー『ドラミちゃん』と、週間手帳「weeks」より『ドラえもん何か出して』の2アイテム!!

4月から使える「ほぼ日手帳」に新たなラインナップが登場!
『ほぼ日手帳2021 spring / JAPAN MANGA CLASSICS「ドラミちゃん」』は、オリジナルサイズ(A6)手帳本体とカバーのセットで価格は5600円+税。
公式ネットショップ「ほぼ日ストア」ではカバーのみ(3600円+税)も発売される。

デザインは、映画のグラフィックを中心に、展覧会広報物やブックデザインの分野でも活躍中の大島依提亜。
シルクスクリーン印刷で、ツヤっと光るドラミちゃんがかわいらしいカバー。
ドラえもんのステッカーが1枚ついている。

『ほぼ日手帳2021 spring / JAPAN MANGA CLASSICS「ドラえもん何か出して」』は週間手帳のハードカバータイプのアイテムで、価格は2400円+税。

ポケットに入れられるサイズのスリムな週間手帳にプリントされているのは、漫画『ドラえもん』のシーン。
ひみつ道具が登場する瞬間、22種類のコマが載っている。ひみつ道具の名前は、金色にキラリと光っている。こちらの手帳のデザインも大島依提亜が手掛けている。

新作手帳のほか、手帳と一緒に使うと楽しい『ドラえもん』コラボアイテムも登場する。
『ドラえもんのクリアスタンプ(今日はどんな日?)』は月間カレンダーのマス目にぴったりサイズのアイテム。
アクリル板に使いたいスタンプ柄を貼り付けて使用するスタンプで、色を好きなようにカスタマイズしたりして、手帳以外にもアイデア次第でいろいろな楽しみ方ができる。
価格は1000円+税。

『四次元ポケットメモ』は「どこでもドア」「アンキパン」「タイムふろしき」のメモ用紙各15枚が、四次元ポケットの形の透明ケースに入っているアイテム。
ちょっとしたメモをする時や、お手紙を書く時などに活躍しそう。
メモの裏側は無地になっており、すべてのメモを使い終わった後は、透明ケースをペンケースや小物入れとしても使うことができる。
価格は800円+税。

各アイテムは全国のロフト、ほぼ日手帳公式ネットショップ「ほぼ日ストア」などでお取り扱い予定となっている。

さらに、「ほぼ日手帳2021 spring」の発売にあわせて、東京と京都のTOBICHIでは2月1日から発売記念イベントが開催!
「手帳と出かける、春の道具店。」すこし早い春の訪れを感じられるような空間に、あたらしいほぼ日手帳と、気分が上がるような道具が多数取り揃えられるので、文具好きの方などは必見かも。
興味のある方はぜひ遊びに行ってみてください♪

​(C)Fujiko-Pro

アニメージュプラス編集部