• 『あつ森』で山口県周南市のバーチャル観光を楽しもう!
  • 『あつ森』で山口県周南市のバーチャル観光を楽しもう!
2021.01.28

『あつ森』で山口県周南市のバーチャル観光を楽しもう!

(C)2020 Nintendo

山口県周南市は、 Nintendo Switch専用ソフト「あつまれ どうぶつの森」内に制作した「しゅうなん島」を旅するガイドツアーを2021年2月20日に開催する。

周南市は山口県東南部に位置し、北に中国山地、南に瀬戸内海を臨み、臨海部には大規模なコンビナートが広がっている。市の総面積の8割近くを林野が占めており、本州で唯一のナベヅル飛来地があるなど、豊かな自然と産業が調和したまちである。

新型コロナウイルス感染症の影響で周南市への観光や帰省がままならない中でも、市の魅力である、徳山ふぐや温泉、なし・ぶどう、徳山動物園、工場夜景、市立徳山駅前図書館などを楽しんでもらおうと、今回市民と市職員で構成するシティプロモーションワークショップチーム「SHUラボ」が企画、「しゅうなん島」として市のまちなみを再現しました。 周南市のシティプロモーションキャッチコピー「ここから、こころつながる。」をテーマに、島の住民「みなみちゃん」がご当地クイズや地産品宝探しを楽しみながらしゅうなん島をガイドする。

また、ガイドツアーの様子は、周南市のYoutubeチャンネルおよび徳山駅前図書館2階インフォメーションスペースの大型モニターでライブ配信予定。なかなか遠出が難しい現況を逆手に取った、ゲームと観光をリンクした新たな試みに注目したい。

(C)2020 Nintendo

アニメージュプラス編集部