• オーダーは “地獄のマスコット”『天地創造デザイン部』第5話あらすじ
  • オーダーは “地獄のマスコット”『天地創造デザイン部』第5話あらすじ
2021.02.01

オーダーは “地獄のマスコット”『天地創造デザイン部』第5話あらすじ

テーマパークにマスコットが必要らしいが……(C)蛇蔵&鈴木ツタ・たら子・講談社/天地創造デザイン部製作委員会

2021年1月7日(木)より放送・配信しているTVアニメ『天地創造デザイン部』の第5話の先行カット&あらすじが到着した。

本作は原作:蛇蔵&鈴木ツタ、作画:たら子による共同原作で(『モーニングtwo』(講談社刊)にて2017年より連載中)、現在までにコミックスの累計発行部数は40万部を突破(既刊6巻)、さらに『このマンガがすごい!2019オトコ編』(宝島社刊)にて第10位にランクインした人気漫画を原作としたアニメーション作品。

天地を創造した万能の神(クライアント)が、地上の生き物を造ることが面倒になり下請けの天地創造社に依頼。神様との連絡役である天使や、デザイナー・エンジニアたちが、日々模索、奮闘しながら生き物たちを生み出す過程を描いた “生き物創造お仕事コメディ” だ。

わがまま放題の神様のオーダーに振り回される天使たちのお仕事模様はいかに!? 
早速、第5話のあらすじをチェックしよう!

<第5話「案件5」>
「パンダ騒動」後、神様に地獄行きを命じられた上田。自分のせいで地獄に左遷されたのでは…と不安になる下田とデザイン部の面々の前に、謎の男が現れる。
地獄に闇と炎のテーマパークを建設中の彼は、デザイン部に「地獄のマスコット」を造ってほしいと依頼する。


(C)蛇蔵&鈴木ツタ・たら子・講談社/天地創造デザイン部製作委員会

アニメージュプラス編集部