• 映画『銀魂』ロケットスタート!! 初週動員数堂々1位!!!
  • 映画『銀魂』ロケットスタート!! 初週動員数堂々1位!!!
2021.02.02

映画『銀魂』ロケットスタート!! 初週動員数堂々1位!!!

本編映像が初公開(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

シリーズ累計発行部数5500万部を超える「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)の人気コミック『銀魂』(原作:空知英秋)のラストとなる劇場版アニメーション作品である映画『銀魂 THE FINAL』が公開初週の週末観客動員数は堂々の1位となった。

抱腹絶倒のギャグと壮絶アクション、そして厚い人情をも詰め込んだ、この天下無敵の痛快エンターテイメント作品『銀魂』。世界中のファンに愛され続けている本作の最後を飾る映画『銀魂 THE FINAL』が、12週連続で映画興行の首位を走り続けた劇場版『鬼滅の刃』を抑え、公開初週第1位を飾り、アニメ『銀魂』史上最速の公開16日で興行収入10億円を突破! 
好スタート発進となっている。

そんな話題の本作から、本編映像が初公開に!
全宇宙の破壊を企んでいる不老不死の魔人・虚(うつろ)を阻止するために走る銀さん、高杉、桂が過去を振り返りながら語るシーン。
向かう先に待つ敵・虚は、幼少期に三人が師と慕った吉田松陽の別人格でもあり、一度は攘夷戦争の最中で、銀さんが高杉と桂を守るために斬った相手でもある。
攘夷戦争後は、銀さんは万事屋に、高杉は過激派攘夷志士集団「鬼兵隊」の総督に、そして桂は世直しを志とする攘夷志士になり、別の道を歩んできた三人だが、今作ではかつての師匠を倒すべく再び集結!それぞれの想いを胸に戦う覚悟を固めるこのシーンは、ファンのみならず多くの観客が号泣必至だ。 

これまでもギリギリのパロディ、抱腹絶倒のギャグ、そして“終わる終わる詐欺”と、多くの人を爆笑させてきた『銀魂』だが、本作の魅力は笑いだけではなく彼らの熱い絆を描くシーンも全力!!すでに映画を観たファンも「感情がジェットコースターすぎて混乱する」「泣き笑い過ぎて情緒不安定になる」といわれるほどのギャップで、まさに ”笑いも涙も限界突破”!
ついに最後の戦いとなる彼らの雄姿をじっくりと堪能してほしい。

さらに2月5日(金)から全国の劇場で、公開記念舞台挨拶の<ダイジェスト版>の同時上映も決定!
1月9日(土)に開催された公開記念舞台挨拶の<ダイジェスト版>が、2月5日(金)より全国の上映劇場で『銀魂 THE FINAL』の本編のあとに追加されて、上映されることも決まった。
また、<ダイジェスト版>の上映前には、新たに収録した出演キャストからのコメント映像も上映され、ライブビューイングに参加した人も改めて楽しむことができる内容となっている。

全国の劇場でライブビューイングが実施された本イベントには、坂田銀時役の杉田智和、志村新八役の阪口大助、神楽役の釘宮理恵、定春役の高橋美佳子といった万事屋メンバーと、近藤勲役の千葉進歩、土方十四郎役の中井和哉、沖田総悟役の鈴村健一の真選組メンバー、さらに桂小太郎役の石田彰と、“マダオ” こと長谷川泰三を演じた立木文彦に加えて、宮脇千鶴監督と豪華メンバーが登壇。

にぎやかなトークが盛り沢山で、全国の劇場で多くの爆笑を巻き起こしたイベントの様子が、映画本編にあわせてダイジェストで上映される。
本編の最後にイベントの様子が追加で上映されるというまたしても “掟破り” の展開だ!  当日ライブビューイングでイベントを見た人も、見ることができなかった人も、ぜひ最後の最後までしっかり楽しんでほしい。

(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

アニメージュプラス編集部