• 『名探偵コナン』リブートされるのは「ピアノソナタ『月光』殺人事件」!
  • 『名探偵コナン』リブートされるのは「ピアノソナタ『月光』殺人事件」!
2021.02.04

『名探偵コナン』リブートされるのは「ピアノソナタ『月光』殺人事件」!

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

現在進行中の『「名探偵コナン」放送1000回記念プロジェクト』にて再起動(リブート)される神回が発表となった。

現在、読売テレビ・日本テレビ系にて、毎週土曜よる6時から放送中のアニメ『名探偵コナン』。25年前の1996年1月8日にアニメ『名探偵コナン』の放送がスタートし、さらに3月6日(土)にはいよいよ放送1000回を迎える。

現在、放送1000回を記念したプロジェクトが進行中だが、その一つが2020年12月16日に第1弾プロジェクトとして解禁された「再起動される神回を当てろ!」。『名探偵コナン』の中で “伝説の神回” と言われる作品を最新のスタッフ&制作陣・技術にて、新しく作り直す―――再起動(リブート)をかけて新たな伝説を生み出すというものだ。

これまでに、「工藤新一」「怪盗キッド」「服部平次」「灰原哀」「毛利小五郎」「毛利蘭」という6枚もの、再起動(リブート)される神回のヒントが含まれたコラージュビジュアルが解禁。SNS上では、”#コナン神回” をつけての予想も盛りあがり、好きなシーンや自らの思い出とともにつぶやいていた。

そして、いよいよ再起動(リブート)される神回が解禁!
今回、最新のスタッフ&制作陣・技術により新しく作り直す伝説の神回は、1996年4月8日に放送された、「ピアノソナタ『月光』殺人事件」。
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲「月光ソナタ」が悲しい旋律となり紡ぎだす本作ストーリーは、涙なしでは語れないエピソード。コナンが最初で最後、犯人を推理で追い詰め、死なせてしまったと自責の傷として残る悲しい回でもあり、これ以降、コナンはたとえ犯人であっても、死なせてはいけないと心に決めた瞬間でもあった、重要なエピソードのひとつだ。

ファンの中でも語り継がれている伝説の神回が、アニメ『名探偵コナン』放送1000回記念として、再起動(リブート)されることが決定した!

解禁となったコラージュビジュアルは、1996年に放送された「ピアノソナタ『月光』殺人事件」の場面写真が、約1000枚使用されたものだ。

そして、伝説の神回「ピアノソナタ『月光』殺人事件」の象徴とされるピアノソナタ「月光」のピアノの旋律を、14歳でCDデビュー、世界的な賞をいくつも受賞し、多くのメディアからも実写版のだめちゃんとして注目を集め、ピアノ界の寵児とも言われる天才的な世界的ピアニスト、小林愛実が奏でることになった。
涙なしでは見られないあのシーンを、世界的ピアニスト小林愛実はどのように表現するのか。鮮やかに蘇る映像とともに、美しい旋律にもご注目いただきたい。

また、この神回は、ベートーヴェン「月光」が印象的なストーリーでもあることから、放送前に、この世界観に浸ってもらうべく、視聴者参加型 “YouTube” 企画として、#コナン月光チャレンジ が始動! 詳細は公式HPでチェック! 

さらに、現在、25年のOPEDすべてが見られる「The Best of OPED」プロジェクトも大好評の中進行中であるが、『名探偵コナン』のOPEDにとっては欠かせない存在である倉木麻衣が、3月6日からのOPを担当することが分かった。
タイトルは『ZEROからハジメテ』、1000回放送に合わせて書き下ろした歌詞となっている。こちらもお楽しみに!

ついに全貌が明らかとなった放送1000回記念プロジェクト。一体、どのような形で甦るのか。3月6日&13日の前後編で描かれる「ピアノソナタ『月光』殺人事件」の再起動(リブート)を、是非お楽しみに!

また、2月5日(金)の「金曜ロードSHOW!」では、コナンのシリーズ原点ともいえる名作のひとつ『時計じかけの摩天楼』が本編ノーカットで放送される。
今後も『名探偵コナン』から目が離せない!

(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

アニメージュプラス編集部