• 『新テニ』【氷帝vs立海】諏訪部順一、永井幸子登壇舞台挨拶レポ!
  • 『新テニ』【氷帝vs立海】諏訪部順一、永井幸子登壇舞台挨拶レポ!
2021.02.15

『新テニ』【氷帝vs立海】諏訪部順一、永井幸子登壇舞台挨拶レポ!

(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト

2021年2月13日(土)に行われた『新テニスの王子様 氷帝 vs 立海 Game of Future』前篇の舞台挨拶レポートが到着した。

2001年よりテレビ東京系列にて放送が開始されたアニメ『テニスの王子様』。2012年からは『ジャンプSQ.』(集英社)で大人気連載中の『新テニスの王子様』がテレビアニメ化する他、イベント開催や劇場版の公開等を展開し、⻑年にわたり多くのファンに支持され続け、2021年にはついに20周年を迎える。

この度、漫画『テニスの王子様』でも描かれることがなかった夢の対戦が実現するとして注目が集まる、許斐先生マッチメイク完全監修アニメオリジナルストーリー『新テニスの王子様 氷帝 vs 立海 Game of Future』前篇が2月13日(土)よりU-NEXTにて配信開始!

本作品公開初日である2月13日(土)には、跡部景吾役・諏訪部順一さん、幸村精市役・永井幸子さん、川口敬一郎監督、川本成さん(MC)が登壇する豪華舞台挨拶付き上映イベントが開催された。

冒頭から会場は温かいムードに包まれ、川本成さんが司会を務める中、氷帝と立海それぞれの部⻑である跡部景吾役の諏訪部順一さんと幸村精市役の永井幸子さん、そして川口敬一郎監督が盛大な拍手で迎えられた。
川本さんが「本日は氷帝と立海の部⻑陣、さらに川口監督が来てくれました! みなさんが聞きたいあれもこれも僕が掘り下げて聞いちゃいます!」という言葉でトークセッションが開始。

まず本作のマッチメイクが伏せられていたことに対して川口監督は「私も皆さんがどういう反応をしていただけるのかドキドキですね」と緊張の様子。川本さんは「どの組み合わせであっても夢の試合ですよね!」と期待を前面にトークを展開。さらに監督からは、本作のマッチメイクに関して「アニメスタッフだと定番の試合を思いついてしまいがちなのですが、今回はテニプリの未来につながる作品ということを踏まえたマッチメイクになっています」と本作の魅力を語った。

そして川本さんの「諏訪部さん、永井さんが本作の台本を受け取った時には、どんな風な感想をお持ちになりましたか」という問いかけに対し、諏訪部さんは「正直に言って、本当にやるんだ...という驚きと、⻘学がいないテニスの王子様で、ライバル校同士の対決がどうなってしまうのかなという不安を感じました。僕は負けず嫌いなんで(笑)」と話し、永井さんは「立海、氷帝の両部⻑の幸村と跡部の二人が並んだ台本の表紙のビジュアルに圧倒されましたね。他には立海にとって事件だと思うんですが、彗星の如く現れた新しいキャラクターの玉川くんの活躍や作品の中での会話を楽しみにしていました」と率直な思いを語った。

またアフレコに関して諏訪部さんが「一人で録ったので寂しかったです」と話すと、監督からは「一人で録っていたとは思えないほどの迫力を感じましたね」と語り、永井さんは「立海3強で集まって勝ちたいねなんて言いながら、周りに立海を感じながらの楽しい収録でしたね」と振り返った。


さらに『新テニスの王子様 氷帝 vs 立海 Game of Future』前篇の注目シーンを川本さんから尋ねられると、諏訪部さんは「本編の内容を言いたくても言えないのでとても難しい質問なんですが、もう開始冒頭から見どころが詰まってますね」と話し、永井さんは「たくさんありますが、細かいところで言うと、実はブン太くんのガムの透明度の違いが気になっていて」と話すと声優陣や会場では笑いが起こった。

そして「そんなキーパーソンでもあるブン太くんの活躍も楽しみにしていてください」と語った。川口監督からは「全部見どころです! と言いたいところなんですが、本作ではキャラクターたちの試合だけじゃなく、中学生らしい日常生活のシーンなども楽しんでいただければと思います」と語った。

またトークが本作のエンディングテーマである「ONE and ONLY」に移ると、諏訪部さんからは「個性が強すぎて絶対に混ざり合わないキャラたち。完成度に注目です」と言うと、川口監督も、「本作のエンディングはとてもかっこいいので皆さん期待してもらって大丈夫です」という言葉を添えた。

さらにトークの後半では、『新テニスの王子様 氷帝 vs 立海 Game of future』後篇を4月17日(土)に公開することを発表。すると会場は大きな拍手に包まれた。そして誰も見たことがないテニスの王子様の未来を見ることができるという期待感に、会場に足を運んだファンは聞き入った様子だった。

他にも、諏訪部さんからは「本作にあたって、改めて原作を一から読み直しました。とても感慨深かったです。今では親子で楽しんでくださっているファンの方もいらっしゃったりして。世代を超えてテニプリが愛されていて、感動ですね」と話すと、永井さんからは「フューチャーということでテニプリの未来を感じていただきたいと思います」と話す場面もあった。会場からは笑い声もあり、終始和やかな雰囲気に包まれた。

最後に、永井さんは「2年生エースの赤也とともに、立海がこれからどうなっていくのか楽しみにご覧いただきたいと思います」と話し、「夢の続きはゆっくり見ると良いよ、みんなでね」と幸村のクールな台詞で締めた。
諏訪部さんからは「他校のライバルキャラたちによる見どころ満点の対決が実現しました。これもテニプリファンのみなさんの愛があるからこそだと思います。お楽しみいただける作品になっていると幸いです」と挨拶し、最後に「テニプリの美技に酔いな」と跡部の台詞で締め括った。
川口監督からは「後編を作っている最中ですが、皆さんには大いに楽しんでいただける作品になっていると思いますので、期待していてください! 今後ともテニスの王子様をよろしくお願いいたします」と挨拶。
そして鳴り止まない拍手に包まれながら今回の舞台挨拶は終演した。

舞台挨拶の様子は、1週間限定でアニメ新テニスの王子様オフィシャルチャンネル、U-NEXTにて配信中。『新テニスの王子様 氷帝 vs 立海 Game of Future』前篇と合わせて楽しもう!

>>>舞台挨拶の写真を全て見る! 

(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト

アニメージュプラス編集部