• 電子コミック大賞作はこうして生まれた。作者が語る『十億のアレ。』
  • 電子コミック大賞作はこうして生まれた。作者が語る『十億のアレ。』
2021.02.19

電子コミック大賞作はこうして生まれた。作者が語る『十億のアレ。』

『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』 (C)宇月あい/ソルマーレ編集部

1月に発表された『みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2021』。過去最大の140作品のエントリーの中から、見事大賞を受賞したのは、現代に再現された吉原遊郭を舞台にした作品、『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』でした。アニメージュプラスでは、作者の宇月あい先生と編集担当のソルマーレ編集部西野さんへのインタビューを実施。作品の誕生秘話やこれまでの作家活動などをじっくり伺ったインタビューをお楽しみください。

――『みんなが選ぶ‼電子コミック大賞2021』の大賞受賞、おめでとうございます! 

宇月 ありがとうございます。

――改めて受賞の感想をお聞かせいただけますか?

宇月 そんなに票を入れてくださる方がいると思っていなかったので、嬉しいが追いついてこないくらい、驚いています。

――実感みたいなのは、まだそこまでない感じでしょうか?

宇月 そうですね。それこそエントリーされましたと聞いた時も、1%も賞に選ばれると思ってなかったくらいで……。まぁ、ないでしょうねと思っていたので、本当にびっくりしました。大賞受賞の連絡は、編集の西野さんからお電話いただいたのですが、私が出られず、メールでお知らせいただいたんです。そのメールを読んだのが金曜日だったのですが、月曜日に改めてお電話いただけるまで、ずっと「嘘でした」って言われるんじゃないかって思っていました(笑)。

――周囲の方も喜んでくださったのでは?

宇月 Twitterで発表したらみんな喜んでくれて。私よりも周りの方が受け入れてくれている感じです。

――大賞って一番ですもんね。

宇月 いや~。そうなんですよね……。人生で一番になるようなことはないと思っていたので、まだ信じられないです。

――大丈夫です、大賞は事実です(笑)。今作『十億のアレ。 ~吉原いちの花魁~』は編集者さんの提案で描き始めた作品だと伺っていますが、どのような経緯で作品が生まれたのでしょうか?

宇月 次の作品どうしよう? となった時に、私が以前、「吉原のことなら他のことより詳しいですよ」と話していたのを西野さんが覚えていてくださって、「現代物で吉原を書きませんか?」と言われたんです。それを聞いて私は内心「やだな~」って(笑)。現代吉原ということは、現代風俗をテーマにした作品にしなきゃいけないのかなと考えて、私には描けないと思ったんですよ。とりあえず、「いろんな案を出してみます」と答えて、違う案にしてもらおうと2案考えたんです。ただ、考えた別案が前に描いたマンガと似ていたので、それなら全然違う新しい話を描いたほうがいいと思って、「吉原の話描いてみます」と決まりました。
▲現吉原に身を置くことになった明日風(左下のコマ中央)。 (c)宇月あい/ソルマーレ編集部
――描くと決まってからはすんなり描けたのでしょうか?

宇月 最初私が出した案って、現代吉原ということで、キャバクラっぽい場所が舞台だったんですよ。なので、着物も着ずに普通に洋服を着ていたんです。そうしたら西野さんが、「現代吉原ってそういうことではなくて、江戸吉原が現代に来たという設定にしてみませんか?」って提案してくださって。「なんだ、そういうことか!」とプロットを練り直していったら、私ってこの話が描きたかったんだなって思ったくらいどんどん描き進められました。西野さんの助言がなかったら、生まれていなかった作品なので、本当に(西野さん)ありがとうございます!という感じなんです。

――西野さんとの二人三脚で生まれた作品だったんですね。先生はこれまで、『※注 人間削除』では現代、『お江戸ボーイズ下宿にいらして』では江戸を舞台にされてきました。『十億のアレ。』は、そのどちらの時代も楽しめるような作品になっていますが、融合させてみて楽しかった点は何でしょうか?

宇月 (今作の舞台って)江戸時代を再現しているけど、現代が舞台なんです。なので、現代人が考える江戸っぽさがあればいいくらいの認識で作っています。ある種のテーマパークみたいなものでしょうか……。ガラス扉とか、洋風な着物の柄とか、江戸時代には絶対に無かったものでも、私がかっこいいと思う物は何でも入れられるところは楽しいですね。

――あの世界の創造主は先生ですもんね。

宇月 そうなんです。自分が良いと思った物は何でも取り入れられるのが面白くって! それに、江戸吉原の話と言うと、遊女が辛い目に遭う話がどうしても多いじゃないですか。なので、江戸を舞台にしてしまうと、それを無視して描くことはできなくて……。あの時代って、遊女がいくら頑張ったからって吉原の歴史が変わったりはしない。だから、あの世界が素敵になる未来を、江戸舞台なら書けないけれど、現代なら私の希望を込めて描くことができるかなって思っていて。そういう選択肢も作れるという点は、現代を舞台にして良かったなって思っています。

――江戸を舞台にすると何となく先が決まってしまいますけれど、現代が舞台なら自由に未来を切り開けるということですね。反対にこの設定で難しかった点は、ありますか?

宇月 やっぱり、システムを全部自分で考えなくてはならないところですかね。例えば、江戸時代の遊女は店の中で暮らしていたんですが、現代の感覚で考えると、住んでいる所にお客が来るのは嫌すぎるじゃないですか(笑)。

――嫌です。それは避けたいですよね。

宇月 なので、(遊郭とは別に遊女用の)寮を作ったのですが、その場所はどこにあるの? とか考えちゃって。他にも、働いている人の業務形態とか私が全部考えなくちゃいけないんですよ。最初は適当に描いていたのですが、ふと、「この人休みはどうなっているんだろう」とか後々気付いて……。

――部屋もたくさん出てくるから、建物の構造を考えるのも大変なのでは?

宇月 江戸時代が舞台だったら、当時の資料とかを参考にするのですが、現代が舞台なので私が考えなくてはならなくて。高級旅館とかに近い感じにしようと参考にはしていますが、元々建物の構造を考えるのが苦手なので、すっごく大変です。

――建物の設計図みたいなのは最初に作られたりしているのですか?

宇月 ほとんど描いていないですね。最初に決めちゃうと話の流れに合わなくなってくるので基本的には作らずに、必要に応じて前に出したものと齟齬がないように作っていっています。

――そうなると、無限に部屋が増えていったり?

宇月 そうなんですよ。どれだけ広いんだろうこの店って感じです(笑)。いざとなったら、私がアリとさえ言えば何でもアリになるのは良いですね(笑)。

アニメージュプラス編集部