• 柿の木を見る者とは? アニメ『おそ松さん』第20話
  • 柿の木を見る者とは? アニメ『おそ松さん』第20話
2021.02.22

柿の木を見る者とは? アニメ『おそ松さん』第20話

今回のテーマは柿の木です(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

2020年10月よりテレビ東京系列にて放送中の『おそ松さん』第3期、第20話の先行カット&あらすじが到着した。

TVアニメ『おそ松さん』は、2015年に赤塚不二夫生誕80周年記念作品として、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作に、6つ子が大人になった姿を描いたTVアニメ。
20歳を過ぎでもクズでニートで童貞。どこか憎めない松野家の6つ子が繰り広げる日常を描き、社会現象を巻き起こした。
あれから5年──。TVアニメ第2期、劇場版『えいがのおそ松さん』を経て、待望のTVアニメ第3期が放送中だ。

2月22日(月)深夜1時30分から放送となる第20話「柿」、柿の木がどんな物語に?

<第20話『柿』ほか>
窓の外には柿の木が見える。その柿が落ちるのをずっと見てるの者がいて……。

■スタッフ■
脚本:松原秀
絵コンテ:石川健朝
演出:石川健朝
作画監督:ジーアングル、小澤早依子

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

アニメージュプラス編集部