• アップアップガールズ(仮)新体制に突撃トーク! その2 鈴木芽生菜×小山星流×青柳佑芽
  • アップアップガールズ(仮)新体制に突撃トーク! その2 鈴木芽生菜×小山星流×青柳佑芽
2021.02.27

アップアップガールズ(仮)新体制に突撃トーク! その2 鈴木芽生菜×小山星流×青柳佑芽

(左から)小山星流、鈴木芽生菜、青柳佑芽

結成10周年を目前に、2020年いっぱいで関根梓を残してメンバー4人が卒業、新メンバーオーディションにより7人の新メンバーが加入し、2021年からは関根梓をリーダーに8人体制となったアップアップガールズ(仮)。いつも全力で上を目指しているアップアップガールズ(仮)の歴史の中で、これまでにないほどの変化を迎えた今こそが、アイドルグループとして最も注目すべき時期なのです! そこで、メンバーを3グループに分けて、新体制となったアップアップガールズ(仮)メンバーたちの現在を、本人たちの言葉から伝えていく連載企画。今回は、鈴木芽生菜、小山星流、青柳佑芽という、個性がハンパない3人にお話を聞きました!

▲小山星流(左) 東京都出身。19歳。愛称はせいちゃん。メンバーカラーはオレンジ。特技は大食いと、口に4本の指が入ること!? すぐに涙しちゃうところも魅力。

鈴木芽生菜(中) 東京都出身。21歳。愛称は、めいちゃん。メンバーカラーは緑。特技はものまねや変なポーズや変顔!? というアイドルらしからぬ挙動が人気。

青柳佑芽(右) 神奈川県出身。19歳。愛称はゆめみー。メンバーカラーは紫。ツインテールにこだわりを持つ極度のアイドルヲタク。アプガの紫は、ヤバいらしい。


三者三様のオーディション応募理由!?


——まずは自己アピールと、なぜアプガ(仮)にオーディションに応募したのかを聞かせてください!

鈴木 ポジティブパワーで世界平和を目指している、鈴木芽生菜です! そういうと、不思議ちゃんかなと思われるんですけど、そうじゃなくて、ただただポジティブに世界平和を目指している、そのままなんです(笑)。もともとハロプロさんやAKBさんなどのアイドルが大好きで、人生を救われてきたんです。でもアイドルは憧れの、遠い存在だと思っていたんです。でも、同じくアイドル好きの高校生の妹に「お姉ちゃんアイドルになりなさい! 才能がある!」といきなり言われたりしていて。とりあえずは、20歳まではちゃんと勉強しようと思って大学に入ったんですが、アプガ(仮)のオーディションがあると知って、悩んでいて…そうしたらその妹が「とりあえず応募要項書いてみなよ」って。フォームに書き込んで、妹に見せたら、いつの間にか応募されていたと。

――(笑)。妹さん、優秀ですね。

鈴木 それでアプガ(仮)をいろいろ調べたら、自分にすごくぴったりなんじゃないかと思うようになって、それでオーディションをがんばれました。

青柳 青柳佑芽です。趣味は読書とアイドルさんを応援することです。小学生のころから、AKBさんきっかけでアイドルさんが大好きになって、いろんなアイドルさんを応援してきて…応援することが生きがいなんです。私もアイドルになろうなんて思っていなくて…アイドルって、人間だと思っていなかったんですよ! 

――(笑)。

青柳 架空の存在と思っていて! それでアプガ(仮)さんのオーディションを知ったのは、好きなアイドルさんがアプガ(仮)の先輩たちの卒業をTweetしていたからなんです。以前、大好きなグループのオーディションがあって、でも自分は応募すらしなかったんです。そのグループに新メンバーが入って、シングルを出して…でもそこに自分がいないのがすごくイヤだったんです! それで、また悔しいのはいやなのでアプガ(仮)のオーディションを受けることにしました。あとは…古川小夏さん(2020年12月に卒業したアプガ(仮)メンバー)が大好きだったんで、会えるかなって…!?

――そういう邪な気持ちもあったと(笑)。

青柳 なんかいい感じに言っちゃいましたけど、半分は古川さんに会いたかったんです(笑)。

小山 小山星流です! 私は、私は…う~ん、私の説明って、なんだろう? 

青柳 (笑)。太陽太陽!

小山 太陽? 太陽なのかな? 太陽ですって!

鈴木 (笑)。「アプガ(仮)の太陽です!」って言って!

小山 えっと、「アプガ(仮)の太陽です!」 毎日元気で、歌って踊ることが好きで、ちょっとポンコツな部分もありますのが私です(笑)。私はもともと違う事務所のアイドルの練習生に、1年3カ月くらい所属していたんですけれども、将来が見えなくなっちゃって…でもアイドルになることは諦められなくて、いろいろなオーディションを探していたら、アプガ(仮)のオーディションを見つけたんです。ハロー!プロジェクトが大好きだったんで、名前は知っていたんですけれど、詳しくは知らなくて、ネットでライブを観たんです。そうしたら、涙が止まらなくなっちゃって…楽しいんですけど、なんだか涙がすっごく出ちゃって…アプガ(仮)に “光るもの” が見えたんです。それで、前の事務所は辞めさせてもらって、アプガ(仮)でガンバろうとオーディションを受けさせていただいて…ここで落ちたら、もうアイドルの夢を諦めようと思っていました。

アニメージュプラス編集部

RELATED関連する記事

RANKING

人気記事