• 橋本環奈&上白石萌音Wキャストで『千と千尋の神隠し』が舞台に!
  • 橋本環奈&上白石萌音Wキャストで『千と千尋の神隠し』が舞台に!
2021.02.26

橋本環奈&上白石萌音Wキャストで『千と千尋の神隠し』が舞台に!

舞台『千と千尋の神隠し』ポスタービジュアル (C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

宮﨑駿監督の名作『千と千尋の神隠し』が舞台化、2022年の世界初演が決定した。

『千と千尋の神隠し』は、2001年の封切り以降爆発的な大ヒットを記録、2003年には米国アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞。2019年には中国で初めて公開され 大きな話題となるなど、 その壮大で独創的な世界観は世界中で愛され続けている 。2017年に東宝演劇部からスタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーに構想を相談、開幕まで5年の歳月をかけて進められてきたビッグプロジェクトがついに結実の時を迎えた。

翻案・演出を手掛けるのはミュージカルの金字塔『レ・ミゼラブル』の世界初演の潤色・演出を担ったほか 『ナイツ・テイル』『ダディ・ロング・レッグズ』など演劇史に残る名作を生み出してきた英国ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの名誉アソシエイト・ディレクター、ジョン・ケアード。かねてより本作の大ファンだったジョン・ケアードは、来日の折にスタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーと対話し、宮﨑駿氏との対面も果たし、舞台化の許しを得たという。すでにこの舞台のために1000時間も費やしているというケアード氏に対して、鈴木氏は「ぼくも宮﨑も彼のことを気に入りました。今回の舞台で千尋を大きく育ててほしい」と絶大なる信頼感を寄せるコメントを寄せている。

主演の千尋を演じるのは人気と実力を兼ね備え今回が初舞台となる橋本環奈、そしてドラマや舞台に加え声優や歌手としても活躍の場を広げる上白石萌音がWキャストで演じる。

橋本は「映画を観た時はまだ小学生だった私がこの千尋を演じるんだなと思うとまさに感無量の一言に尽きます。それも世界初公演! 日本の宝とも云うべきこの作品はおそらくこれから何回も上演されるのだと思います。その舞台の歴史を自分たちが作ってゆくのだと思うと強く責任を感じます」と初舞台に向けての思いをコメント。

上白石も「言わずと知れた名作のタイトルロールを演じる日が来るなんて思っていませんでした。時代も国境も超えて愛され続ける作品の1ピースになれるのは大変光栄なことです。既に緊張していますが、素朴で勇敢な少女を、リスペクトを込めて演じさせていただきます」と意気込みを語っている。

本作を上演する2022年は東宝創立90周年の年でもあり、2・3月の帝国劇場を皮切りに、4月大阪、5月福岡、6月札幌・7月名古屋と4大都市での上演も決定。まさにアニメ・演劇というジャンルを超えた注目の舞台、いかなる内容になるか早くも期待が高まる。

(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

アニメージュプラス編集部