• 『ARIA』はいつも側に寄り添ってくれるーー『ARIA The CREPUSCOLO』キャストインタビュー
  • 『ARIA』はいつも側に寄り添ってくれるーー『ARIA The CREPUSCOLO』キャストインタビュー
2021.03.20

『ARIA』はいつも側に寄り添ってくれるーー『ARIA The CREPUSCOLO』キャストインタビュー

(C)2020 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

天野こずえが描いた未来形ヒーリングコミックを、原作の雰囲気そのままにアニメ化して数多くのファンを魅了してきた『ARIA』シリーズの最新作『ARIA The CREPUSCOLO』が現在、全国の劇場で絶賛公開中だ。
『ARIA』は、惑星改造によって生まれ変わった水の星「アクア」の観光都市ネオ・ヴェネツィアを舞台に、ウンディーネ(水先案内人)の少女たちの日々の情景を、四季折々の風景を盛り込みながら優しく、そして少し切なく描く物語。
2005年に『ARIA The ANIMATION』としてアニメ化され、2006年に『The NATURAL』、2007年に『The OVA 〜ARIETTA〜』、2008年に『The ORIGINATION』、そして2015年には『ARIA The AVVENIRE』が制作されている。
約5年ぶりの『ARIA』アニメシリーズの新作となった本作は、3月6日〜7日の週末全国興行成績ランキングで、全国77館の公開館数ながら7位にランクイン。また、Filmarks映画初日満足度1位、Yahoo!映画では4.5以上(3/8時点)という高評価を獲得している。
TVアニメ放送開始15周年の記念作品でもあるこの『ARIA The CREPUSCOLO』について、出演キャスト——アリス・キャロル役の広橋涼、アーニャ・ドストエフスカヤ役の茅野愛衣、そして今作からアテナ・グローリィ役を演じる佐藤利奈の3名に語ってもらった。
▲上からアリス、アテナ、アーニャ

(C)2020 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー

アニメージュプラス編集部