• 『鬼滅の刃』おねむたん 肆ノ型 にどねのアースカラーを初公開!
  • 『鬼滅の刃』おねむたん 肆ノ型 にどねのアースカラーを初公開!
2021.03.30

『鬼滅の刃』おねむたん 肆ノ型 にどねのアースカラーを初公開!

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

4月中旬に発売予定の『おねむたん  鬼滅の刃 肆ノ型』のアースカラーVer.、『にどね』の表情を初公開!

『鬼滅の刃』は、原作単行本1巻〜23巻で累計発行部数が1億5000万部を突破した集英社ジャンプ コミックスより刊行中の吾峠呼世晴による漫画作品を原作としたTVアニメ。2019年4月より放送を開始し、家族を鬼に殺された少年・竈門炭治郎が、鬼になった妹の禰豆子を人間に戻すため、《鬼殺隊》へ入隊することから始まる本作は、人と鬼の切ない物語、鬼気迫る剣戟、そして時折描かれるコミカルなシーンも人気を博し、国内のみならず、全世界で大きな話題となった。
そして2020年10月16日より、TVアニメ “竈門炭治郎 立志編” に続く物語 “無限列車編” が、劇場アニメーションとして公開中。
(公式サイト:https://kimetsu.com/

『おねむたん』は、スタンド・ストーンズのオリジナルフィギュアシリーズ。全高約45ミリのデフォルメフィギュアで、就寝中、寝起きなど、眠たいシチュエーションを切り取った独特のポーズが可愛いフィギュアだ。またスタンド・ストーンズのオリジナルデフォルメには、目に☆が入っているのが特徴となっている。

『にどね』は、すでに発売されたアイテムの色をアースカラーにして、表情も変わるシリーズ。口の開き具合や表情まで違うので、単なる色変えではなく新作同様に人気のあるシリーズだ。

「肆ノ型」のラインナップは、竈門禰豆子、嘴平伊之助、不死川実弥、甘露寺蜜璃、伊黒小芭内の5種。にどねの表情と比べてみてみよう。

▲竈門禰豆子(左が『にどね』アースカラーVer.)
▲嘴平伊之助(左が『にどね』アースカラーVer.)
▲不死川実弥(左が『にどね』アースカラーVer.)
▲甘露寺蜜璃(左が『にどね』アースカラーVer.)
▲伊黒小芭内(左が『にどね』アースカラーVer.)

アースカラーVer.なので、表情だけでなく、全体の色味や布団の模様も変わっているので、お手元で確認してください!

>>>にどね アースカラーVer.をすべて見る(写真10点)

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記となります。
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

アニメージュプラス編集部