• 渕上舞&瀬戸麻沙美も驚いた『ガルパン最終章』第3話の大洗VS知波単戦
  • 渕上舞&瀬戸麻沙美も驚いた『ガルパン最終章』第3話の大洗VS知波単戦
2021.03.26

渕上舞&瀬戸麻沙美も驚いた『ガルパン最終章』第3話の大洗VS知波単戦

知波単との夜戦に西住みほも苦戦! (C) GIRLS und PANZER Finale Projekt (C)GIRLS und PANZER Film Projekt (C) GIRLS und PANZER Projekt



――大洗女子学園と知波単学園の関係は、劇場版からの流れだとチームメイトというか、仲間という感じがありましたが、今回の冬季無限軌道杯で対戦するということに関してはそれぞれどんな思いがありましたか?

渕上 そうですね。当初の知波単学園のイメージは、突撃しかできない、ちょっとおバカな印象があったのは私だけでは無いと思うんです。だから、大洗と対戦するという流れになった時に、下手をするとTVシリーズの頃のアンツィオ高校戦みたいな、一瞬で終わってしまうような雰囲気もあるのかなとも思っていました。でも、そうした予想は大きく覆されて、第2話の後半でこれだけ大洗が苦戦して、知波単がこんなに戦い方を変えてくるとは思っていませんでした。そういう意味でのギャップはすごく感じましたね。

瀬戸 劇場版の最初の頃は、知波単から見る大洗さんは、まさに雲の上の存在で、絶対に勝てるはずがないチームだと思っていたんですが、その憧れのチームに対して、自分たちの経験を通してしっかり作戦を練って勝ちを取りに行くという姿勢に変わったのも知波単の大きな変化じゃないかと思いました。チームとしても後輩が自分の意見をしっかり持つようになり、中でも福田は知波単の参謀となるんじゃないかという思うくらい、今までの知波単のいいところを残しつつも、新たな風を巻き起こしている。その福田の意見をしっかり受け止めて考えてくれる隊長の西がいて、今まで以上に熱い絆ができたんじゃないかと思います。

――西住みほと西絹代というそれぞれが演じるキャラクターのイメージや印象についてはどのように感じられていましたか?

渕上 西さんは「突撃!」をずっと言い続けてきただけあって、本当に真っ直ぐで素直な方だと思います。言われたこと、聞いたものが全部彼女に響いていくというか。だからこそ、それまで自分が信じていたことを、真っ直ぐではあるんだけど、変えることができる柔軟性を備えているんだと思いました。現状はまだまだ発展途上だと思うんですが、今後という部分を見ると、すごく吸収率がいい分、戦車道を続ける中では怖い存在になっていくんじゃないかという脅威も感じますね。西さんは、みほに対して尊敬というや憧れみたいな気持ちも抱いたりしていて、憧れの人の言葉が響くというのはもちろんなんですが、チームメイトや後輩など、上下関係を問わず自分の周りにいる人たちの意見を吸収できるという部分は、本当に人として尊敬します。

瀬戸 私自身や西というキャラクターから見た西住さんは、とても冷静で、完璧な人という印象が強くありますね。こと今回の試合においても、知波単は夜戦に慣れていて、大洗は夜戦に慣れていないという状況の中でも、冷静な判断を下しながら戦っている。やっぱり大洗は強い学校で、その隊長である西住さんに西が憧れるというのも頷けるなと思いました。

▲西絹代率いる知波単チームの変化にあんこうチームは翻弄される。

(C)GIRLS und PANZER Finale Projekt (C) GIRLS und PANZER Film Projekt (C) GIRLS und PANZER Projekt 

アニメージュプラス編集部