• 『スケスタ』最終話 グランプリファイナル、その結末は
  • 『スケスタ』最終話 グランプリファイナル、その結末は
2021.03.24

『スケスタ』最終話 グランプリファイナル、その結末は

(C)TEAM SLS/スケートリーディングプロジェクト

2021年1月10日より放送&配信スタートしたTVアニメ『スケートリーディング☆スターズ』の第12話あらすじ、場面カットが到着した。

本作は、谷口悟朗総監督、キャラクターデザイン原案・枢やな、アニメーション制作・J.C.STAFFのタッグで送るオリジナルアニメ。
ライバル・篠崎怜鳳の言葉をきっかけにフィギュアスケートを辞め、無為な日々を送っていた高校生・前島絢晴。ある日、篠崎がシングルからフィギュアスケートの団体競技・スケートリーディングへ転向するという記者会見を目にした前島の前に、流石井隼人と名乗る少年が現れる。「俺には、お前が必要だ」その言葉と共に、前島もまたスケートリーディングの世界へと誘われていくことになる。

最終回となる第12話は、3月28日(日)22時30分より順次放送・配信開始。あらすじ、場面カットはこちら!

<第12話 「盟友」>
「篠崎に勝つ」、そのひたむきな思いを糧にグランプリファイナルにたどり着いた前島と流石井。絶対王者として君臨する聖クラヴィス学院に、限界を超えて挑む戌尾ノ台高校。篠崎らライバルたちが見つめる中、最後のプログラムが今、始まる。

>>>『スケートリーディング☆スターズ』第12話場面カットを全て見る!(写真14点)

(C)TEAM SLS/スケートリーディングプロジェクト

アニメージュプラス編集部