• 『ましろのおと』第1話 失った ”自分の音” を探す物語が始まる
  • 『ましろのおと』第1話 失った ”自分の音” を探す物語が始まる
2021.03.31

『ましろのおと』第1話 失った ”自分の音” を探す物語が始まる

(C)羅川真里茂・講談社/ましろのおと製作委員会

4月2日(金)より放送開始となるTVアニメ『ましろのおと』の第1話あらすじ、場面カットが到着した。

本作は、祖父の死をきっかけに三味線を弾けなくなり、青森から単身上京してきた高校生・澤村雪が、様々な出会いを経て自分の音を探し続けていく青春物語。同名の原作は『月刊少年マガジン』(講談社)にて好評連載中だ。

第1話は4月2日(金)深夜2:25よりMBS/TBS/BS-TBS “アニメイズム” 枠にて放送開始。なお、TBSでの第1話放送時間が26:27からの放送開始となり、通常放送より2分遅れでの放送となるため注意だ。

また、作品を彩る劇中登場曲奏者に、吉田兄弟、葛西頼之さん、柴田雅人さん、早川博隆さんを発表! こちらも合わせて注目してほしい。

あらすじ、場面カットはこちら!

<第1話 「寂寞」>
津軽三味線の奏者、澤村松吾郎を祖父に持つ少年「澤村雪」は、憧れていた祖父の死をきっかけに、なくなってしまった ”自分の音” を探すため、アテもなく上京する。トラブルに巻き込まれていたところを、キャバクラで働く女性「立樹ユナ」に助けられた雪は、成り行きからライブの前座として演奏を披露することになり――

>>>『ましろのおと』の第1話場面カットなどを全て見る(写真9点)

(C)羅川真里茂・講談社/ましろのおと製作委員会

アニメージュプラス編集部